禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 無分別 - 比較しない視点、区別しない考え方 -

【スポンサーリンク】


【禅語】無分別(むふんべつ)

分別がないようではいけない。
分別ある人間でありなさい。
普通、人はそう言うだろう。
こういう場合はこうしたほうがいい。
あの場合はああしたほうがいい。
そういった思慮判断ができる人間であれという意味である。
しかし禅語では、むしろ人は無分別であれと説く
これは一体どういうことなのか。


インドの昔話にちょっと面白い話がある。
16世紀のインド、ムガル帝国の第3代皇帝の座に就いたのはアクバルという人物であった。
ある日、このアクバル皇帝が自分の宮殿の床に1本の真っ直ぐな線を引き、臣下たちにこんな難題を突きつけた。
「誰かこの線を短くすることのできる者はいるか。ただし、線の一部を少しも消さずにだ


臣下らは一人ずつ線のそばにやってくるが、どうすることもできずに降参し退き、誰もこの難題に答えることができない。
困り果てていると、ビルバルという人物の番がやってきた。
このビルバルという人物は臣下というよりも、娯楽を担う道化のような役目の人物だといわれている。
ビルバルは床に引かれた線のそばにやってくると、その線の横にもう1本、はじめの線よりも長い線を画いた
臣下らはそれを見て驚きの声をあげた。
「なんと、確かに最初の線が短くなった!」
ビルバルはアクバルの引いた線に触れることなく、見事に線を短くしてみせたのだった。


この昔話が言わんとするところと、禅語の無分別が説くところには関連がある。
ビルバルは床の線の隣に長い線を画くことで最初の線を短くしてみせたが、これはつまり、短いとは相対的な概念にすぎないということを示したわけだ。
ただ1本の線であれば、その線に長い短いを言うことはできない。
しかしそこに比較させる対象を用意することで、本来長いも短いもないはずの線に、長い短いという概念を生じさせることができる
このように物事を2つに分けて区別した上で比較判断する考え方を、分別という。


他方、無分別とは、物事を区別せず、相対的に考えない思考のことをいう
物事をありのままに受け取り、比較をしない物の見方。
大小、多少、高低、優劣、長短、軽重……世の中はありとあらゆるものが相対的な観念によって成り立っているが、それらは比較によって生まれた価値判断であって、そのもの自体に対する判断ではない。
比較によって生まれた価値ではなく、そのもの自体の価値をしっかりと把握するべきであるというのが、無分別という禅語の説くところである。

【スポンサーリンク】


比較という分別によって物事を考えると、どうなるか。
給料が上がり、年収が1000万円になったと喜ぶ人がいたとする。
嬉しさ余って、その人は高級住宅街に引っ越した。
そこでご近所さんと話をしていたら、どうやらご近所さんらはみんな年収1000万円をゆうに超えているらしいことが判明した。
その人は1000万円という額はまだ少ないと思いショックを受け、もっと稼ぐために働くこととなった。


子どもが学校から帰ってきた。
この間のテストが返ってきたというので親が答案用紙を見てみると、90点だった。
すごいと誉めたついでに平均点はいくつだったのか訊いてみた。
すると子どもは95点だったと言う。
親はがっくり。
態度を一変させて子どもを叱った


と、こうなる。
このような相対的な考え方を、禅は極めて戒める。
比較によって物事を考えるのは、そのもの自体を見てはいないからだ
比較という視点で世の中をみれば、あらゆるものはそれ自体に意味を持たない存在となる。
90点に意味があるのではなく、周囲の点数が90点より高いか低いかに意味があるというような、自らに立脚せず他に依存するようなとても危うい物の見方に近づく。
年収1000万円の人物のように、他との比較によって満足・不満足を感じるのであれば、本当の満足は永遠に訪れないことにもなりかねない。


自分自身の努力ではなく、他との比較によってでしか意味を感じられないのは、他に認められなければ自分を認めることができない、自分で自分を認めることができないことの裏返しである。
自分の人生を生きているのは自分であるはずなのに、他の判断によって自分の人生の価値が変動する生き方というのは、ずいぶんと虚しい生き方ではないか。
誰に比較されなくても、誰かと比較しなくても、自分自身を認めるだけで自分は肯定される。
無分別という禅語は、比較によって浮かびあがる自分ではなく、誰とも比較することのないままの自分自身をしっかりと自分で認めよということを伝えようとしているのである。


無分別とは、1本の線を、1本の線のままで見る智慧だ
ビルバルは線を足すことで長い短いという概念を生じさせたが、それは必ずしも賢いのではない。
概念は概念でしかないこと知らなければ、むしろその概念は苦悩を生じさせる元になる。
人の悩みは、線が2本になることによって生じるものが大半だからだ。


人は誰もが、1本の線。
他と比べることなどできない、1本だけの線。
それは社会から忘れ去られてしまったような物の見方だが、存在の本当の意味を知る上では決してないがしろにしてはいけない大切な視点である。
本来の人の在りようを見誤らないように。
無分別という禅語は、私たちがつい忘れがちな、大切な視点を現代に伝えようとしている。