禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 日々是好日 ~「毎日がよい日」をどう受け取るか~

f:id:zen-ryujo:20180423143703j:plain

【禅語】 日々是好日 (にちにちこれこうじつ)

直訳すれば、「毎日がよい日だ」とでもなるだろうか。禅語、日々是好日。
音の響きも文字の雰囲気も言葉の意味も良いイメージなものだから、掛軸などに揮毫される場合も多く、世間にもっともよく知られている禅語の1つである。


しかし毎日がよい日だなんて、そんな嬉しい話があるわけないじゃないかと、この禅語を疑問視する声もたまには聞く。
絵空事を言いふらすのはやめてくれ、人生そんなに甘いものじゃない、と。
生きることの辛さを知っている人は、人生を「よい」の一言でくくることなどとてもできないのだと思う。


まあ実際のところ、日々是好日を懐疑的に受け取る人がいるのは無理もないことかもしれない。
生きていれば、うまくいかない日もあるし、喧嘩をする日もあるし、失敗して反省する日もあるし、ひたすら後悔する日もあるし、涙を流す日だってある。
そうした決して「よい日」とは呼べないような日もあるのが人生だろう。


しかし、それでもこの禅語を残した中国唐代の僧侶、雲門宗の開祖の雲門文偃(うんもん・ぶんえん)は、やっぱり「日々是好日」であるという。
いろいろあるのが人生であることなどもちろんわかっているはず。
それでもやっぱり毎日は好日であると。


一体、雲門が言う日々是好日とは何なのか。
何をもって好日と言っているのか。
ここのところを一つ肚に据えて生きてほしいというのが、日々是好日が揮毫される本当の理由なのかもしれない。



日々是好日の誕生

日々是好日という禅語が生まれた際のエピソードについて、公案集として名高い『碧巌録』には次のように記されている。

雲門、垂語して云く、十五日已前のことは汝に問はず、十五日已後、一句を道い将ち来たれ。自ら代って云く、日々是好日


以上。
短いが、これが『碧巌録』に記されているエピソードである。
十五日という数字に特に意味はないから、原文の意味はおおよそ下のようになる。


あるとき雲門が修行僧たちに言った。
「これまでのことは訊かない。これから先のことを一句言ってみよ」
しかし誰も答える者がいなかったので、雲門自ら口を開いた。
「日々是好日」


これが『碧巌録』に記された日々是好日のエピソードということになる。うーん。エピソードというか、もはや断片でしかない。
ちなみに、公案や『碧巌録』を知らない方は、下にまとめた記事をどうぞ。
www.zen-essay.com


「よい」の意味するところ

日々是好日という言葉をどう解釈するかは各人の自由であるが、少なくとも「好日」という言葉を「良い」「悪い」という意味での「よい」と受け取ることだけはやめたほうがいい
相対的な物の見方は禅のもっとも戒めるところだからである。
これは良くて、あれは悪い。そうした選り好みをする頭のはたらきを迷いと切り捨てるのが禅の根本といえる。


すると、「好日」とは何かと比べて「よい」のではなく、また自分好みの日が続くというわけでもないことになる。
比較することなく、また独善的でもない「好日」とは一体何なのか


1つ思うのは、たとえば余命幾日もないような状況での一日一日というのは、それがたとえどのような日であったとしても、愛おしむように感じられるものではないだろうか、ということである。
青空でも、曇り空でも、雨降りでも。その日をストレートに大切に受け止めることができるのではないかと思うのだ。
あるいはもっと些細な事柄、食事をする、外を散歩する、本を読む、洗い立ての服を着る、そういった何気ない行為にすら、慈しみの心を生じさせるのではないだろうか。


雲門の言っている好日とは、もしかしたらこうした「かけがえのない日」というニュアンスに近いのかもしれない。
比べないからこそ、いや、比べることができないからこそ、尊く感じられる毎日。
比較した「良い」ではなく、それ自体の「尊さ」を言った言葉なのではないかと。


以前、癌に冒され余命を告げられ絶望しながらも、やがて命の尊さに気付いて残りわずかな人生を噛みしめるように生きた人がいた。
その人は最後には「癌に感謝している」とまで言った。
もし癌という病を患わなければ、自分は命の尊さなどというものを実感することなく一生を終えていた気がする
だから癌に感謝しているのだと。


そんなふうに、辛い日々があってもなお「日々是好日」と思えたとき、はじめて雲門の意を受け取ることができるのかもしれない
生きることの辛さを味わい、日々是好日を懐疑的に考えている方々は、だからこそむしろこの禅語を理解できる立場にいると考えることだってできる。
間違っても、毎日毎日良いことが起きる、なんていうふうな理解だけはしないようにしたい禅語である。