禅の視点 - life -

禅語の意味、経典の現代語訳、仏教や曹洞宗、葬儀や坐禅などの解説

お茶出しのマナー「右からだっけ? 左からだっけ?」に悩む方へ

f:id:zen-ryujo:20180214123400j:plain

お茶を出すときのマナー


お客さんがやってきた。
さて、お茶を出そうかな。


そんなときに、ふと心配になるのが「正しいお茶の出し方」。
相手が気心の知れた友人であれば細かなマナーを気にしなくても問題ないだろうが、仕事相手や客人ではそうも楽観的にしていられない。


かしこまりすぎる必要はないが、失礼があってはいけないと思うのが心情だろうし、おもてなしをするという面から考えても、やはりある程度の礼節はわきまえておきたいところ。


そこで今回は意外と知られていない「お茶の出し方」について簡単にまとめてみたい。
お茶を出すという行為は単純そうにみえて、じつはけっこう細かなマナーやポイントがあるので、主要なところを理由とともにおさえておこう。


お湯の温度


お茶を出すのだから、当然、まずは台所や給湯室でお茶を準備しなくてはならない。
このとき、茶葉に注ぐお湯の温度は、番茶やほうじ茶であれば熱湯(100℃)で、玉露などの上質なものほど低温(50℃~60℃)であるほうがいい。
それにはもちろんちゃんとした理由がある。


そもそも、茶葉に含まれる成分には「苦味・渋味」を出すものと「甘味・旨味」を出すものと、大きく2種類ある
代表的なのが、

  • 苦味のカテキン
  • 甘味のテアニン


である。
そして苦味を出すカテキンは高温で溶け出し、甘味を出すテアニンは低温で溶け出るという特徴がある。


たとえば玉露はこのうちのテアニンが多く含まれており、甘味や旨味を強調して飲むことに適しているため低温で淹れるというわけだ。
反対に、テアニンが少ないほうじ茶などは低温だとただ味が薄くなってしまうだけなので、熱湯でしっかりと成分を抽出して香りと味わいをしっかり出そうというわけである。


茶葉を入れてある袋や缶などにはお湯の適温が書かれてある場合も多いので、一度調べてからお湯を注ぐのがオススメ。 
せっかくなら美味しいお茶を召し上がっていただこう。

 甘味や旨味の玉露は低温
 ほうじ茶などは高温で香りを出す

茶碗と茶托


お茶を茶碗に淹れたら、部屋までお茶を運ぶ。
このとき、たとえ茶碗が1つであったとしても、お盆にのせて運ぶのがもちろんマナー。
茶托に乗せた茶碗を手で持って(手盆)いくのは無礼なので絶対NG。


そして注意すべきは、お盆にのせる段階では茶碗と茶托は別々のままにしておくこと
茶托の上に茶碗をセットした状態で運ぶのはよろしくないのである。


なぜかというと、運んでいる最中にいつのまにかお茶が茶碗からこぼれていることがあるから
茶碗のなかのお茶は、少し動かしただけで割とすぐにこぼれるのである。


もし茶托の上に茶碗をのせた状態でお茶がこぼれると、当然のことながら茶托が濡れる。
そのままの濡れた状態でお茶を出すのは非常に失礼であるし、茶托が濡れていると茶碗を持ち上げた際に茶托が茶碗にくっついてくるという珍事が起こる可能性がある。


お客さんがいざお茶を飲もうと思いを手にとった途端、茶托が茶碗の底にくっついてきて、しかも途中で落ちて机にぶつかりカラン、コロンと音が出たときの気まずさといったらないので、茶碗の底が濡れていないかちゃんと確かめてから茶托にのせて出そう


もちろん、濡れていたら布巾で拭いてから茶托にのせよう。
なのでお盆には布巾をのせるのを忘れてないように。もしくはポケットに入れておくように。
もし忘れてしまっても、「バレないように乾燥した手で拭いとる作戦」を決行するのではなく、そっと布巾を取りに戻ったほうが無難

 茶托が濡れていると、相手にいい加減な印象を与えてしまうので注意

お盆の置き場所


部屋にお茶を運んだ際、けっこう戸惑うのがお盆の置き場所。


畳の部屋であれば畳の上にお盆を置いても問題ないのだが、椅子に座っている場合は当然床には置けない。
サイドテーブルがあればそこにお盆をのせればいいが、ほかに何もなければ机の上の一番下手側に置くしかない。
そこで茶托に茶碗をのせて(底が濡れていたら布巾で拭いて)、1人ずつお茶を出す。


お茶を出す際は両手で出すのがマナーなので、お盆を片手で持ったまま、もう片方の手でお茶をだすということは基本的にはなし。
相手がとんでもない人数である場合はお盆を持って回ることもあるだろうが、通常はそのようにはしない。

 お盆を持ったままお茶を出すということは、基本的にはしない

お茶を出すのは右から? 左から?


一応、お茶は相手の右から出すのがマナーとされている。
しかし部屋が狭かったり、人が詰まっていてスペースがなかったりすることも十分にありえるので、そうした場合は左からでも問題ない。
スペースのないところに割り込んでまで右にこだわると相手がびっくりするだけなので、左右問題はその場で臨機応変にいきたいところ


お茶は両手で出すのがマナーだが、これも席が狭かったりするとなかなか難しい場合がある。
そんなときは、茶托をしっかりと摑むのは相手から遠いほうの手だけにして、もう片方の手は添える程度にしてもOK


たとえば右から出すのであれば、相手は自分の左にいるので、遠いのは右手。
なので右手で茶托をしっかりと持ち、左手は添える程度にする。
両手でがっつりと持つよりも、左右に強弱があったほうがスマートにも見えるので、普段からそのようにしてももちろん大丈夫。


ちなみに、人数がとんでもないことになって、左右などと言っていられない状況になることもたまにはある。
前からしか出せないような状況であれば前からでかまわないので、「前から失礼します」と一言添えてお茶を出そう
セオリーにこだわりすぎてスマートさを欠くことのほうが相手にとっては煩わしく感じるものである。

 お茶は相手の右側から出すのが基本だが、実践の際はセオリーに捉われずスマートに

お茶とお菓子はどちらが先?


これはよく疑問に思われるところなのだが、結論から言えば、意外にもどちらが先とは決まっていない
なぜかというと、決まっているのは出す順番ではなく、置く位置のほうだからである。


お茶とお菓子は、右がお茶で、左にお菓子を置くのがマナー
そして、2つ以上のものを出す際には、奥からから順に出して、手前のものを飛び越えないようにするのもマナー


つまり、右から出すのであれば、先に奥(左)に置くお菓子を出し、次に手前(右)に置くお茶を出すということになる。
反対に、左から出す際は、先に奥(右)に置くお茶から出し、次に手前(左)に置くお菓子を出すことになるので、お茶とお菓子はあらかじめ順番を決めておくことができないのである。

 右がお茶で左がお菓子
 手前のものを越えないように奥から先に出す

お茶が右、お菓子が左、マナー図解

茶碗の正面、茶托の正面


茶碗には正面がある場合が少なくない。
一部に絵柄が付いている場合は、そこが正面になるので、相手に絵柄を向けて茶碗を置こう
全体に均一に模様が入っていたり、柄がなかったりする茶碗はどの方向でも問題なし。


そして意外と盲点なのが、茶托にも向きがあるということ。
多くの茶托は木製になっており、したがって木目が存在する。
このとき、木目が相手から見て横向きに見えるように置くのが、茶托の正しい置き方。
縦になって木目の延長線上に相手がいるということのないように気をつけよう。

茶托の向き、木目を横向きに、マナー図解

上座と下座


お茶を出す際、お客さんから先に出すのは当然のこと。おもてなしなのだから。
同席する自分の会社の社長が60歳くらいで、お客さんが若者でも、もちろんお客さんからである。


順番でややこしいのは、お客さんが1人ではなく複数名であったとき。
いわゆる「誰に最初にお茶を出すか問題」である。


お客さんが2人である場合はまだいい。特殊な部屋の造りでない限り奥が上座となる場合がほとんどなので、わかりやすい。
難問なのはお客さんが3人以上の場合。部屋の構造によって3人の座り方が異なってくることがあるからである。


つまり、奥から上位が座る場合と、中央に上位が座る場合との2通りがあり、相手がそれをどう判断して座ったのかがわからないという状況が発生する場合があるのだ。


こんなとき、もし相手の最上位人物が誰かを知っていたなら、座っている位置に関係なくその人物からお茶を出すのが正しい
わからなければ、中央からか奥からか、お客さんの雰囲気を瞬時に判断して臨機応変にいこう。このあたりはもう現場のスキルを磨くしかない。


大人数である場合や、極端にスペースがない場合などに、身内の人物がお茶を回してくれることもあるので、そうした申し出があったら素直にお任せしてしまおう。


さも当然かのように、即座に「お願いします」というと、手伝うと申し出た人物もやや困惑を隠しきれないという状況になりかねないので、「すみません、ありがとうございます」くらいの雰囲気は出しておこう。
絶対に自分で出さなければいけないと恐縮する必要はないので、そのあたりも含めて、やはり大切なのは臨機応変。

 上座や下座に関係なく、相手の最上位者からお茶を出す

まとめ


結局のところ、失礼なくスムーズにお茶を出せば、それに関してどうこう言ってくる人はまずいない。
なので、

  1. スムーズに
  2. さりげなく
  3. 礼節をわきまえて
  4. 臨機応変に


最低限のマナーを覚え、上の4つを念頭におきつつお茶を出せばまず大丈夫だ。