禅の視点 - life -

禅語の意味、経典の現代語訳、仏教や曹洞宗、葬儀や坐禅などの解説

托鉢をする僧に出会って戸惑ったことのある方へ、ない方へ

托鉢の風景,仏教

托鉢をする僧に出会って戸惑ったことのある方へ、ない方へ

先日、暖かな冬の日に托鉢をした。


現代でも地域によっては托鉢をする僧侶と出会うことが珍しくないところもあるが、大多数の方にとっては、托鉢をする僧侶と出会う機会などほとんど存在しないのではないかと察する。
偶然に托鉢中の僧侶と出会うことがあっても、見慣れていないがためにどうすればいいのかわからないとの戸惑いの声も多く聞く。
実際、出家する以前の私も、18歳の頃に京都を旅行していた時にはじめて托鉢をする僧侶と出会ったのだが、どうしていいのかわからずに何事もなくすれ違った。


あれは、修行をしているのだろうか?

托鉢というものだろうか?

近寄ると危なかったりするのだろうか?

手に持っているお椀のようなものにお金を入れるのだろうか?

いくらくらいが相場なのだろうか?


などなど。いろいろな疑問が頭をよぎったが、瞬時にそれらの解答を得ることなどできるはずもなく、「わからないものには手をださない」という防衛反応によって、ただすれ違って終わった。


その後、まさか自分が僧侶となって托鉢をすることになるなどとは思ってもみなかったが、実際に托鉢をしてみれば、その時の自分の思いが鮮烈に蘇ってくる。


不審だよな。

近寄り難いだろうな。

托鉢について知る機会なんてないもんな。


そんなふうに感じているのではないかと、自分がそうだったからなおさら感じる。


托鉢僧
一緒に托鉢をしたお坊さん


ちなみに托鉢をする際は、頭に網代笠、足に脚絆(きゃはん)、手に頭鉢(ずはつ)と鈴(れい)を持っている。
そして衣を腰のあたりでたくし上げ、歩きやすいように裾を上げている。上の画像のように。


托鉢とは何か

そこで、世間一般から見れば謎の行為にも見える托鉢について、要点を簡単にまとめてみたい。


そもそも托鉢とは、僧侶が鉢(お椀のようなもの)を手に持って外を回り、金銭や食料などをいただく行為をいう。


そしてその目的は、大きく2つある。
1つは、いただいたものを生活の糧にすること。
いただいたお金やお米などを、寺院管理や食材などに充てるのである。


おそらく、托鉢の目的と言えばほとんどの方がこの理由を思い浮かべるのではないか。
むしろこれ以外に理由があるのかと訝るかもしれない。
しかしじつはもう1つ、とても大きな目的があるのだ。
それが、善行・修行としての意味合いである。

施す側にとっての修行

托鉢は修行だとされているが、その真意を知る人は少ない。
僧侶にとって修行であるという認識は間違いではないのだが、逆に施しをする側、つまりお布施(お金等)を出す側にも、修行という意味合いが生じる行為なのである。
どういうことか。


托鉢の2つ目の目的、善行・修行というのは、要するに僧侶に施しをすることで功徳を積むということなのである。
インドには、善き行為の種を蒔いて功徳の収穫を得るという「福田思想」という考え方があり、その田んぼとして僧侶が位置付けられていた。
これは日本には根付いていない慣習であり思想であるため我々日本人には理解しづらいが、布施とは僧侶のためであると同時に施主のための行為でもあるのだ。


布施という「与える行為」をするためには、相手が必要となる。
その相手役となるために、僧侶は托鉢をしているという側面もじつはあるのである。
そうなの!? と驚くような理由であるが、これが托鉢をするもう1つの大きな理由にほかならない。

「お礼」の問題

托鉢中の僧侶は、お布施をいただいても「ありがとうございます」というようなお礼を言わないことが少なくない
なぜかと言えば、お礼を言ってしまうと、まるで自分(僧侶)のための行為に限定するような意味合いとなってしまうことを危惧しているからである。


現代日本で行われている托鉢は、自らの修行としての意味合いや、寺院を維持するための収入という側面が大きいのは事実。
そうした意味での托鉢だってもちろん間違いではないのだが、一般の方が布施行をするため(徳を積んでいただくため)の手伝いと考えることも忘れてはいけない。


礼を言うのであれば、互いに礼を伝え合うのが相応しい礼の在り方のようにも感じるが、それを理解していただくのもまた困難に思う。
でも、托鉢をしたあとにずっと合掌をされる方がいるのも事実ではある。


たまに、
「せっかくお金を出したのに何の礼もなくて腹が立った」
というような思いを聞いたこともあるが、それにはこのような事情が関与しているというわけなのである。


理解していただくのはなかなか難しいかもしれない。
しかし、僧侶はそのようなインド由来の独特な意味合いの上で托鉢を行っていることを、ちょっと頭の片隅にでも記憶しておいてもらえると非常にありがたい


ただし、このような特殊な考え方をする布施という概念そのものが、日本にはまったく根付いていない。
意味を理解されていない土地で本意を押し通そうとしても、それは誤解を生むだけになりかねない。


そのような現実を考慮して、現在ではあえてお礼を言う僧侶も大勢いる。はっきり、「ありがとうございます」と。
あるいは声に出してお礼を言わずとも、無言で頭を下げることでお礼とする僧もいる。
それはそれで日本の托鉢文化として理解すればいいので、一向にかまわないと思う。


また、けっこう多いのが「施財の偈(せざいのげ)」という非常に短いお経を唱えて、礼とするパターンである。
私もこのパターンで托鉢をしている。


お布施をいただいたら「施財の偈」を唱えて、軽く頭を下げて再び歩きはじめる。
施しをした人にとっては、何が行われてどのような意味があったのか不明で終わる可能性は高いが、そこはもう申し訳ないと思うしかない。
その都度説明を添えるのはいかにも無粋だ。だから「何とか伝わってくれっ」と念じながら偈文を唱えて去るのみ、となる。


托鉢僧への施し

実際に托鉢中の僧侶と出会って、施しをしてみたいと思ったとしても、どのようにして渡せばいいのかよくわからないという声は多い。
僧衣という出で立ちが怪しいので、易々とは近づきがたいというのが一番の理由だと思う。


ただ、施しを拒否する僧侶はいないし、もっとくれという失礼な僧侶もいない。なので心配はしていただかなくてもいいように思う。
まあ一部、托鉢僧になりすました少々怪しい人物もいるにはいるらしいが……。


それで、僧侶の托鉢の仕方にはいくつかの方法がある。

  • 街角や寺院の前などで微動だにせず立ち続ける方法。
  • 一軒一軒お宅の玄関の前に立つ方法。
  • ひたすら歩き続ける方法。


家の前に立つ方法は、永平寺で修行をしていた際に一度だけ行ったことがあるが、正直なところこれはやめたほうがいいのではないかと感じた。
家の方にしてみれば、見知らぬ怪しい風貌の人物がいきなり自分の家の玄関先に立っているのである。
不審、恐怖、拒絶。
それ以外の感情が湧くだろうか。


もちろん、托鉢がきちんとその地域に根付いて認知されていれば問題ないのかもしれないが、そうでない土地で家の前に立つのは、あまりよろしくないように思う。
強要しているようにも見えるし、なにより相手が不安に感じる危険性が大である。


具体的に、お金などをどうやって施すかであるが、どういった場合であっても施しの仕方は同じで、僧侶が手に持っている鉢の中に、施す物を入れていただくだけで大丈夫
現代では施される物のほとんどは金銭であるが、もちろん金額に決まりはない。
お賽銭を入れるときのように考えていただければ何も問題はない。


施しをすると、僧侶は手に持っている鈴(れい)をチリリンと鳴らし、私であれば偈文を唱える。
ただこのあたりは宗派や人によって考え方にだいぶ差異があるようなので、一概には規定できない。
その時、その僧侶の行う作法に数秒、お付き合いをいただきたい。


仮に何の反応もしない僧侶がいたとしても、できれば怒りの気持ちは抱かないで……。
せっかくの尊い布施が、布施でなくなってしまうから……。
前述したように布施という概念は少々特殊で、施主(施しをする側)が功徳を積むためという考え方も存在するため、何も言わない僧侶がいたとしても、それは傲慢な態度とはちょっと違うのだ。

施財の偈

施しをいただいた後に唱える「施財の偈」というものについて、最後に述べておきたい。
「施財の偈」とは、次の短い偈文である。


財法二施(ざいほうにせ)
功徳無量(くどくむりょう)
檀波羅蜜(だんばらみつ)
具足円満(ぐそくえんまん)
乃至法界(ないしほっかい)
平等利益(びょうどうりやく)


これを現代語に訳せば、だいたい次のような意味となる。


「物を施したり教えを施したりすることは、はかり知れない功徳を生む。
そのような尊い行為をする者には、満ち足りた想いが宿るでしょう。
そして施しによって生まれた功徳は、世界をよりよいものへと変化させていく」


この「施財の偈」の内容も、まさに布施の本質を説いている。


こうした言葉を、托鉢僧は最後に唱えている。
意味が伝わらないかもしれないとは思いつつも、それでもこれを唱える。
小さな男の子から施しをいただいた時にも、やはりこの偈文を唱えた。
意味はわからなくても、何かが伝わればいいと思った。


自分の大切なものを人に分け与える行為は、本当に尊いものだ。
それは大袈裟ではなく、本当に世界を変えていく力の源になると思っている。