読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 同事 - 相手の立場に立つということの意味 -

f:id:zen-ryujo:20170313120042j:plain


【禅語】同事(どうじ)

同事という禅語がある。
「事を同じくする」と書いて同事と読む。
「事を同じくする」とは、違わないということ。
違わないとは、相手の立場に立つこと
この「相手の立場に立つ」ということの本質を見事に突いた、私の大好きな話があるので、まずはその話を紹介させていただきたい。


昔あるところに老齢の夫婦がいた。
2人は町を歩いていて、やがて1本の橋に差しかかった。
ゆっくりと橋の上を歩きはじめたのだが、途中でおじいさんがつまずいて転んでしまった
少しだけ後ろを歩いていたおばあさんは、それを見てビックリ。
慌てておじいさんのもとへ駆け寄っていった。


しかし、おばあさんはおじいさんのもとへ近寄ると、手を差し伸べるでも、声をかけるでもなく、おじいさんの横で自分も転んでみせたのだった。
「おい、ばあさん、何をやっとるんじゃ?」
「えっ? 何って、じいさんを助けようと思って」
「ああ、なるほど」
おじいさんとおばあさんはむっくと立ち上がると、誰にも見られなくてよかったねと笑い合って、そのまま橋を渡っていった。
おしまい。

【スポンサーリンク】


この短い話の何が好きって、ずばりおばあさんの取った行動である。
おじいさんの横で自分もこけるという、この発想。
この発想は出そうと思ってなかなか出るものではない。
普通だったら、「大丈夫?」と起き上がるのを手伝おうとするのではないか。
しかしおばあさんは違う。
自分も転ぶ
しかもそれが、おじいさんを助けるという明確な意図を持った上での行為なのである。
このおばあさん、只者ではない。


仮にここで、おばあさんがおじいさんに心配の声をかけたとしよう。
「おじいさん、大丈夫ですか?」
もちろんそれだって悪くはない。
ただ、それはどこか僅かながら上から目線を感じてしまうのだ。
いや、上からではないのかもしれないが、外からの声に聞こえるのだ。
心配というのは本心なのだろうが、心配の域を出ないと言うべきか、どうしても自分と他人という分け隔てを感じてしまう


結局のところ、相手を慰めるとか、同情するという方法は、自分と相手とが分かれてしまっているのである。
その方法では、どれだけ親身になろうとしても、真に相手の立場に立つことはできないのではないか。
だからそうではなくて、まさに相手と同じ立場に立ってみることが、相手の立場に立つということの意味であると、この同事という禅語は説いているのである。


道元禅師はこの同事という禅語を端的にこう説明している。
「同事といふは不違(ふい)なり」
訳すほどでもないが「同事というのは違わないこと」という意味である。
相手と自分とが違わないこと。
相手の立場に立つとは、まさに自分と相手とが違わないことにほかならない


転んだ人の横で自分も転ぶ。
努力する人の横で自分も努力する。
泣く人の横で自分も泣く。
笑う人の横で自分も笑う。
それが同事という禅語の意味であり、相手の立場に立つということの意味なのではないか。
相手の立場に立つなどと仰々しく言うと、小難しいような、傲慢のような印象を受けるが、もしかしたらそれは思ったよりもずっと簡単なことなのかもしれない。