禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

坊主頭(スキンヘッド)にするために髪を剃る方法と注意点

f:id:zen-ryujo:20170316233655p:plain


坊主頭(スキンヘッド)にするために髪を剃る方法と注意点

坊さんは髪の毛を剃っていて頭がツルツルしてるけど、一体どうやって剃っているんだろう? 出家する以前の私は、興味本位でそんな疑問を感じていた。
鬚を剃る要領で髪を剃るにしても、後頭部などは見えないのにどうやって剃るのか。
カミソリを使っているのか、それとも電気シェーバーか。
技術が必要なのか、床屋に行ったほうがいいのか、自分でも剃れるのか。
美容師免許を持っていたことも関係するが、私は髪型に興味があり、剃り方についてちょっと気になっていたのだ。


そのような坊主頭スキンヘッド)にまつわる様々な事情を、実際に僧侶となったことで知り尽くすことができた。
なるほどと思おうこともあり、せっかくなので、当時の自分の疑問に答える意味も込めてまとめておきたい。
スキンヘッドが特に珍しくなくなった今、髪の毛を剃ることを検討している人も少なくないだろうから、そんな初心者の方々の情報源となれば幸いだ

坊主頭を取り巻く現状

坊主頭は印象が悪い。
社会人として、坊主頭はNG。
スキンヘッドは反社会性を象徴する髪型。
そんな風潮は今でも存在するが、20年前に比べれば随分と和らいだのも事実ではないか。
「ベリーショート」「おしゃれボウズ」などという言葉が流行ったあたりから、坊主頭に対する世間の目は寛容と憧れを帯びたものに変化しはじめたのだと、個人的には思っている。


それらは高校球児のようなただの丸坊主とは一線を画し、緻密に計算された上での「非常に短い髪型」と呼ぶべきもので、ここで扱うスキンヘッドを意味する坊主頭とは別のジャンルの髪型であることは、はじめに断わっておかなければならないだろう。
ただそれでも、「非常に短い髪型」が世間に認められたことで、スキンヘッドに対しても寛容なまなざしが向けられるようになってきた事実は見過ごせない。
また、モヒカン、ドレッド、アフロ、金髪、アシメ(左右非対称)のような特殊な髪型が増え、テレビ等でも頻繁に目にするようになり、奇抜なものへの免疫が社会全体で獲得されてきたことも、スキンヘッドにとって追い風となった


そのような経緯もあって、最近は頭をスキンヘッドにしている人を本当によく見かけるようになった
一昔前なら、スキンヘッドというのは「普通ではない」というイメージが常に付きまとい、おいそれとは手を出すことのできない領域に存在する髪型(髪はないが)だった。それが今では珍しくも何ともない。スキンヘッドよりも強烈で目立つものが数多く存在するようになったことも関係しているのだろう。
だからスキンヘッドで人混みを歩いても、誰も頭を注視しない。金髪が珍しくなくなったのと同じで、だれもそこに特殊さを感じなくなった。1つの髪型として市民権を得ていると言えるかどうかは微妙なところだが、少なくともスキンヘッドは特別なものではなくなった。

【スポンサーリンク】


スキンヘッドにする理由

もしスキンヘッドが市民権を得ているとしても、それは髪型の選択肢が増えただけのことのようにも思える。人はなぜ、数ある髪型のなかから、あえて髪の毛を剃るスキンヘッドを選ぶのか
それにはいくつかの理由が考えられる。

薄毛対策

まずは現実的な理由からだが、おそらくこれが一番多い理由かもしれない。薄毛に悩んで、どうにもカバーをすることができなくなり、思い切って剃ってみたというパターンである。この理由でスキンヘッド生活に突入した人は意外と多い。
髪が生えていると、生えていない箇所や薄い箇所との対比が生まれてしまうわけで、いっそのことすべて剃ってしまえばそもそも比較が生まれないのではないかという狙いである。
禅の無の境地を体現した理由だと言えるだろうか。


ただし一部の意見として、スキンヘッドにしようが何をしようが薄毛であることは見ればわかるという指摘がなされることがある。哀しいが、それは事実だ。
なのでもし薄毛対策の裏技としてスキンヘッドを選ぶのだとしたら、結局薄毛であることはバレることを了承した上で剃ったほうがいいだろう
カモフラージュになっているかどうかはやや微妙なところ。このことはくれぐれも留意しておかなくてはいけない。スキンヘッドは、追い詰められた9回裏での逆転満塁ホームランではない。

羨望

海外では坊主頭やスキンヘッドの人が意外と多い。しかも、なぜかとても格好良くみえる。高校球児のようなただの丸坊主でも、オシャレさがあふれ出ている。
そんな姿を見れば、純粋にスキンヘッドという頭に憧れを抱いても何もおかしくない。つまり数としては少ないかもしれないが、単純にスキンヘッドに憧れて、という理由である。


スキンヘッドが似合う人は日本人でも格好良く見える。個人的な意見でしかないが、スキンヘッドは体格のよい人物のほうがよく似合うと思う。
やせ形よりも筋肉質。
色白よりも焼けた肌。
多少厳つい雰囲気になってしまうが、やせ形で色白の人のスキンヘッドは、9割を超える確率で坊さんのような雰囲気になるので、オシャレとしてのスキンヘッドにはなりにくい。
自分はスキンヘッドとの相性がいいという妙な自信がある方は、一度挑戦してみるのも面白いのではないか。もしダメでもすぐに生えてくるのだから。

楽ちん

髪がないということは、その分メンテナンスが不要になるということである。つまり髪を洗うという手間がなくなり、髪型をセットするという時間を省くことができるようになる。
シャンプーもリンスも整髪剤も不要。お風呂ではボディソープで頭も含め全身丸ごと洗ってしまえばいいし、朝起きて鏡をみてびっくりというような寝癖の心配もない。
要するに、とても楽なのだ。


ただ、髪を剃るというメンテナンスが新たに登場するので、そちらの行為のほうが洗髪やセットよりもむしろめんどくさいという意見もある。
髪を剃る頻度にもよるが、たとえば常にスキンヘッドを維持するのであれば、1~2日おきに剃る必要がでてくるだろう。短いだけに、伸びた分がすぐわかるからだ。
スキンヘッドをこよなく愛する方々は、鬚を毎日剃るのと同じように髪を毎日剃っている。そうなると確かにけっこうな手間かもしれない。まあ、慣れれば5分ほどで髪を剃れるようになるのだが。

【スポンサーリンク】


髪の毛の剃り方

実際に髪を剃る際の方法であるが、もし髪が長い(1cm以上)場合、そのままでは剃ることが不可能であるため、まずはバリカンで一度髪の毛全体を限界まで短くしておく必要がある
バリカンには髪の毛の長さを調節してカットするためのアタッチメントが付属されているが、可能な限り短い状態で剃りはじめたほうが短時間できれいに仕上がるので、アタッチメントは外してしまい、バリカンの刃を剥き出しのままで刈る。
刃を頭皮に対して垂直に突き立ててしまえば当然怪我をするが、頭皮に沿うように平行に扱えばほとんど問題はない。


ただ、バリカンの扱いに慣れていないとアタッチメントなしはちょっと恐ろしく感じられるものと思われるので、その際はアタッチメントを付け、一番短く刈れる長さに調節し、髪の毛を刈ろう
アタッチメントは、1番短い設定が3mmという場合が多い。3mmの髪の毛は楽に剃るには少々長いが、剃れないわけではないので、もし家に3mmで刈ることのできるバリカンがあればそれを使用すれば問題ない。

髪を剃る

バリカンで全体を短くしたら、いよいよ剃りに移る。といっても特別難しいことは何もなく、電気シェーバーを使うのであれば、鬚を剃る感覚と同じように頭に直接あてればいい。後頭部であっても目で見えなくても怪我をする恐れもなく、安全に剃り終えることができる。
ただ、剃った仕上がりの美しさとしては、どうしてもカミソリには負ける。


カミソリを使う場合は、シェービングフォームを頭全体にのばし、やはり鬚を剃る感覚で剃ることになる。
髪の毛はだいたいつむじから放射状に広がる向きで生えているので、毛流れに逆らわないように剃ったほうが皮膚への負担は当然少ない。鬚を剃る際に逆剃りをして肌がヒリヒリしたという経験を持つ男性は多いだろうが、それと同じで頭も逆剃りをすると頭皮へダメージを与えることになってしまう。


ただし、毛流れに沿って髪を剃るだけでは、やはり深剃りはできない。
本当にツルツルを目指すのであれば、逆剃りまではいかなくても、毛流れに対して垂直にカミソリを入れるくらいはしたほうがいいだろう。横剃りとでも言えばいいのか。それなら頭皮へのダメージを最小限に抑え、かつツルツルに剃ることができる。
なので最初は毛流れに沿って剃り、2巡目に剃り残しをなくす意味も兼ねて垂直方向から剃るのが、私のオススメする方法である。


後頭部などは目では確認することができないので、手で触って剃り残しがないかしっかりとチェックしよう。剃れていない箇所はジョリジョリするのですぐにわかる。
あと、耳の周りと襟足は剃り残してしまうことが多いので、ここだけは逆剃りするのも1つの手。


特に襟足の生え際というのは、産毛のような柔らかく真っ直ぐに伸びていない毛があり、それらは逆剃りのほうがきれいに剃ることができる。力を入れて頭皮に押し当てる必要はないので、スッスッと軽くなでるように剃ろう。
ポイントとしては、生え際よりも5cmほど下のあたりから剃ること。そうしたほうが剃り残しがない。
普段自分の襟足など目にすることがないからわかりにくいだろうが、生え際と思われる箇所よりだいぶ下まで、産毛のような細い毛が生えていることが多いのだ。
この産毛に限っては手で触っても気が付きにくく、しかし人が見ればはっきりと剃り残しとわかってしまう。なので襟足は「思っているよりも下から剃る」ようにしよう。

永平寺での剃り方

永平寺ではカミソリを使用して髪を剃っている。もちろんT字型の安全剃刀である。
直刃カミソリは怪我をする危険があり、ある程度の慣れと技術も必要なので使用しない。
剃り方はいたって普通なのだが、強いて言えば自分で剃らないところが特徴といえるかもしれない。


永平寺では2人1組になって向かい合って正座し、片方が頭を下げて、もう片方が相手の髪を剃る。剃り終わったら役割をチェンジして、剃っていた者が頭を下げて、今剃ってもらった者が、今度は剃る番になる。
それが剃髪の正式な作法なのだ。
刃の当て方や力の入れ具合など、若干の上手い下手はあるが、T字型カミソリであればほとんど大差なくきれいに仕上がる。それだけ現代のT字型カミソリは高性能なものに進化していることでもあるだろう。

【スポンサーリンク】


オススメの髪剃りカミソリ

電気シェーバーよりもカミソリのほうがきれいに仕上がることから、私はT字型カミソリで髪を剃っている。危険なことはないし、すぐに慣れるので、難しいことは何もない。
怪我をしないか気になるかもしれないが、あからさまに横滑りさせなければ怪我の心配はほとんどない。
実際に頭を剃ってみてはじめてわかったことなのだが、髪の毛は鬚よりもはるかに剃りやすいのである。顎や口の周りのように複雑な形状をしておらず、卵のようになだらかな曲面をしているので非常に剃りやすい。


使用するカミソリに向き不向きやオススメの物があるかという点についてであるが、どれも一緒かと思いきや、これがはっきりと向き不向きがある。
よく使用されるカミソリは「シック(Schick)」か「ジレット(Gillette)」で、両者がカミソリ界の2トップであると私は思っている。
それでどちらが髪を剃るのに適しているかといえば、これは完全にジレット
理由は、刃の間に髪の毛が詰まらないから


剃り味はむしろシックのほうが好きなのだが、如何せんシックは刃の間に髪がよく詰まる。どうやら刃同士の間隔が若干狭いようで、詰まるとそれを取り除く作業が非常に手間なのだ。
桶の中にためた水でバシャバシャしても、とれない。仕方なく古い歯ブラシで刃の間を磨いて取り除くのだが、一々そんなことをしていては非常に効率が悪い。


その点、ジレットは刃の間に髪の毛が詰まりにくい。水でバシャバシャすればすぐに元に戻るので、効率的に剃ることができる。
髪の毛は鬚と違って剃る毛の量が半端でなく多い。それだけ詰まりやすいということでもあるので、刃の間に髪の毛が詰まりやすいかにくいかは、カミソリを選ぶ上で重要な判断材料となるのである。


ちなみに、永平寺でもカミソリはジレットを指定している
シックの開発担当の方は、全国のスキンヘッド愛好家と坊さんを味方につけるために、刃の間に髪の毛が詰まりにくいカミソリの開発を急いだほうがいいかもしれない。
剃り心地ではシックのほうが上なのだ。私も鬚は必ずシックで剃る。
これで詰まり問題さえ解消されれば……と思っている人は少なくないはず。需要は、ある。

髪の毛を剃るタイミング

私は髪を剃る際、夜にお風呂に入ったついでに剃っている。湯船で体を温めておいて、洗い場に出ておもむろに髪を剃る。
それが一番楽で、効率的。


以前はお風呂ではなく洗面所で剃っていた。鬚を剃る要領で朝に剃ったりもしたが、剃ったあとに頭をきれいに流すという作業がどうもやりにくい。
もちろんできないことはないのだが、襟足の下まで剃るため、流す際にどうしても服が濡れたり、あるいは流しきれていないのではないかという不安が残ったりすることがあった。
それがどうにも煩わしかったので、今ではお風呂で剃るようにしている。お風呂なら間違いなくきれいさっぱり洗い流せる

シェービングフォームかボディソープか

お風呂で髪を剃るようになると、自然と考えはじめてしまうのが潤滑剤問題。つまり、髭剃り用のシェービングフォームを使用するか、それともボディソープを代用としてしまうか。
これは何種類ものボディソープで検証し、思考錯誤をした結果、やはりシェービングフォームを使用したほうがいいという結論に達した
ボディソープでも可能ではあるのだが、滑りが劣ることと、肌を柔らかくしすぎてしまい肌へのダメージが大きくなることから、やはり適しているのはシェービングフォームであることが明らかになった。ボディソープで剃ると、剃ったあとがちょっとヒリヒリすることもある。特に、洗ったあとに肌がキュッキュッとなる系のボディソープは完全に適していない。


どうせなら洗いついでに剃ってしまいたいと思うかもしれないが、ここは我慢。もし怪我をすると化膿する可能性もある。
それに怪我をしてしまうと、次に剃る時が非常に厄介なのだ。傷口に刃を当てると、また血が出てしまうという悪循環が発生し、なかなか治らないということにもなりかねない。
餅は餅屋という言葉もある。剃りは剃り屋のシェービングフォームに任せよう。

ニベア クリームケア ボディウォッシュ

と、思ってこれまでシェービングフォーム主体で剃ってきたのだが、じつは最近新たなボディソープが我が家のお風呂に登場した。誰が買ってきたのかは知らないが、新しいものがあればとりあえず使ってみたくなる性格なものだから使ってみた。
そしたらびっくりした。中の液体の粘度が凄まじいのである。
ノズルから出る時に、ムニョンと出てきて、納豆のように糸を引く。体を洗ってシャワーで流しても、保湿というよりもヌメリ感が落ちない。
一体これは何なんだと思ってパッケージを見たら「ニベア クリームケア ボディウォッシュ」と書いてある。まさかあのニベアがボディソープを出しているとは知らなかった。
NIVEA クリームケア ボディウォッシュ Special Site - NIVEA


保湿力は凄まじいがまったくサッパリしないので二度と使わないでおこう思ったのだが、ふと、頭をよぎるものがあった。これは、髪を剃るのには適しているのではないか。
実際に使用してみると、これが的中。
滑り具合も申し分なく、ダメージ感もほとんどない。さすがニベアだけあって、まったくヒリヒリしない。
細かく検証すればやはりシェービングフォームのほうが優れているのかもしれないが、ボディソープの中ではダントツで剃りに適しているのだ。恐るべしニベア。

【スポンサーリンク】


注意点・デメリット

最後にスキンヘッドに関する注意点やデメリットなどを確認しておこう。
何事も、メリットがあればデメリットもある。両者を知らないまま判断すると、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれない。

カミソリの刃の交換時期

髪を剃るときに使用するカミソリは、もちろんある程度の時期で交換をしていかなければならない。
使い続けることで刃の切れ味は必ず落ちてくる。すると段々きれいに剃ることができなくなり、何度も刃を頭皮にあてることになる。その結果怪我をする可能性も高まり、さらには雑菌も付着しやすくなる。


頻繁に替えたほうがいいのはもちろんそのとおりなのだが、問題は財布との兼ね合い。毎日使うのであれば2週間ごとに替えていけるくらいが理想だが、それだと幾分費用がかさむ。実際は月に1回程度といったところか。
1ヶ月使えば明らかに切れ味が落ちてくるので、なんだか剃りにくくなったと感じはじめたら、刃は限界が近いと考えるようにしておこう。
使用頻度が週に1度くらいであれば、2~3ヶ月ほど引っ張ることもできるので、やはり剃り味と相談するのがいい。

直射日光・冷気

髪の毛があったころはなかなか気付かなかったが、髪というのはしっかりと頭を守るという役割をはたしていた。夏は強烈な日差しが頭に直に当たることを防ぎ、冬は冷気を遮断して頭を保温する。
その髪がなくなったということは、急所がノーガードで外界に晒されているということを意味する
体調を崩したり風邪を引いたりすることもあるので、帽子などを活用して適切な温度等に保つように意識をしておきたい。

仕事への支障

職種によってはスキンヘッドに限らず、有髪の坊主頭でもNGというところがある。とくにサービス業は厳しい
「髪型は個人の自由だ」などと持論をまくしたてたところで、客商売では態度や雰囲気すらも売り上げに反映されてしまう。不清潔に見えたり、威圧的に見えるのは御法度。
スキンヘッドで売り上げが落ちたなんていうことになったらどうしようもないので、少しでも気になる場合は上司なりに一言確認を入れたほうがいい。


また、就職活動や転職活動などの最中であれば、あえてスキンヘッドで挑むことは到底オススメできない
これは単純な見た目の印象だけの問題ではない。就活にスキンヘッドで挑んでくる心理のほうが、むしろ面接官にとっては理解ができないだろう。
相手からどう思われるかを考えることができない人物であれば、うちで雇っても仲間やお客さんとうまくやっていくことができないかもしれない。よって不合格。こう考えられたらおしまいだ。
スキンヘッドは時と場合を選ぼう。

メンテナンス

髪の毛は1日に約0.3~0.4mm伸びる。新陳代謝によって伸びるスピードは若干異なるようだが、個人差なども含め、およそ人は1ヶ月に1cm前後髪の毛が伸びるということになる。
cmの領域というのは我々からしてみれば明らかにロン毛の領域で、それはもはや坊主頭とは認められない。カミソリで髪の毛を剃ることができる限界の長さを超えてしまっている。
つまり、それなりの頻度で髪を剃り続けることがスキンヘッドの維持には欠かせない。


実際、髪は剃ってから24時間も経てばもうすでに生えてきている。なのでスキンヘッドの寿命は剃ってから1日だと考えておいたほうがいい。
ということは、厳密にいえばスキンヘッドを維持するには毎日髪を剃る必要があり、事実そのようにしているスキンヘッダーは少なくない。
間隔を開けたとしても、1日おきか2日おきが限度で、それ以上は完全にスキンヘッドではなくなってしまう。


スキンヘッドにこだわらなければ間隔はもっと開けてもかまわない。
ちなみに坊さんは4と9のつく日、すなわち4日、14日、24日、9日、19日、29日に髪の毛を剃ることが正式な規則として定められている。
つまり5日おきに剃ることが規則として決まっているのだが、仮に10日あけてもまだなんとかなる。
2週間ほど開けるとだいぶ剃りにくくなるので、この2週間というのを1つの限度目安にしておくのもいいかもしれない。
1週間に1度くらいの頻度で剃るとサイクルが安定するので、毎週何曜日は髪を剃る「剃り曜日」を定めるのも悪くないかも。

おわりに

坊主頭(スキンヘッド)についてまとめてみたが、どうだっただろうか。
スキンヘッドにしようか悩んでいる方の背中をそっと押すような内容になっていれば嬉しいのだが……。
今やスキンヘッドは特別なものではなくなりつつあり、髪を剃るハードルは以前よりも格段に低くなっている。挑戦するなら、今だ。
もちろん、就活中でないことが前提である。