禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

『修証義』第三章「受戒入位」を現代語訳するとこうなる ~戒という行動指針~

『修証義』第三章「受戒入位」を現代語訳するとこうなる

修証義』第三章のテーマは「戒」。
戒に沿って生きることが、仏の道を歩くことそのものであるということが説かれているのが、この三章「受戒入位」。


では、戒とは何なのか。
これは狭義には僧侶となる際に師匠から授かる16条の戒「十六条戒」を指すが、必ずしも正式な授戒を経ていなくてもかまわない。
僧侶にならなければいけないわけではない。
大事なのは無論、内容の実践である。
つまりは、生きる上で道を踏み外すことのないよう、歩むべき指針となるものが戒である。



戒は他から定められる禁止の条文ではない。
罰則規定と思われることが多いが、そうではない。
戒とは自分で自分を律していこうとする、自律の徳目である。
正しく生きる指針のようなものだ


正しく生きるとき、人は正しい人間になっている。
それが禅の基本。
だから仏の生き方を示したものである戒に沿って生きれば、それは仏として生きていることにほかならないと考える。
これが禅の思考。


仏とは特別な存在ではない。
水と氷が別物でないことと同じように、凡夫と仏は同じ人間を表から見たか裏から見たかの違いでしかない。
たまたまある人の悪い行いを見たとする。
そして「あの人は悪いことをしていたから悪い人だ」
と思ったとする。


しかし別の人は、たまたまその人が善い行いをしているのを見たとする。
そして「あの人は善いことをしていたから善い人だ」
と思ったとする。


どちらも真実を言っていながら、どちらも真実を言えてはいない。
どちらも行為の一面を指しただけの言葉に過ぎないからである。
人は一面の連続によって存在している。
だからどこかの一面のみを切り取ってその人の善悪を規定することができないのは明らかなこと
人は善人でも悪人でもないのだ。


人は行為によって仏にも凡夫にもなる。
だから大切なのは「何をして生きていくか」の、この一点。
人は常に行為とともにしか何者にもなれない。
何もしなければ、何者でもない。
そしてもともと何者でもない。


禅で実践が重んじられるのは、実際の行動のなかにしか善も悪も存在しないからである。


そのような真実を、禅は坐禅によって体感していこうとする。
しかし、出家者であっても「ただ坐る」ことを目指す曹洞禅に沿う生き方は難しい。
ましてやこれを在家者に説くというのは、かなり無理があると思われる。


その点、戒を守るという教えは、在家者にとっても非常にわかりやすい
一般の方に対して仏教を説くことを目的とした『修証義』の性格を考慮すれば、坐禅ではなく戒をメインにもってきた意図も理解できる。
やはり『修証義』は一般の在家の方々を対象とした経典なのだろう。


禅戒一如という禅語があるが、坐禅をすることと戒を守ることは、結局は同じことなのである。
どちらが上でどちらが下というのではない。
『修証義』で曹洞宗の根幹である坐禅が説かれず、その代わりに戒が説かれるのは、おそらくこのあたりの事情が加味されているのだろう。
それでは第三章「受戒入位」の内容をみていこう。


第十一節

次には深く仏法僧ぶっぽうそう三宝さんぼうを敬いたてまつるべし、しょうえ身を易えても三宝を供養し奉らんことを願うべし、西天東土仏祖正伝さいてんとう ど ぶっそしょうでんする所は恭敬くぎょう仏法僧なり。

現代語訳

仏の道を歩む者は「真実を悟った者」「真実についての教え」「真実に沿って生きる人々」の3つの宝を尊重しなさい
生まれ変わり死に変わってもこの三宝(さんぼう)を尊重し続けるような強い志しを持っていなさい。
インドから中国へ、中国から日本へと伝わってきたブッダの教えの根本にあるのは、この3つの宝を敬う心である。

第十二節

し薄福少徳の衆生は三宝の名字お聞き奉らざるなり、いかいわん帰依きえし奉ることを得んや、いたずら所逼しょひつを怖れて山神鬼神等に帰依し、あるい外道げどう制多せいたに帰依することなかれ、彼は其の帰依に因りて衆苦しゅく解脱げだつすること無し、早く仏法僧の三宝に帰依し奉りて、衆苦を解脱するのみに非ず菩提ぼだいを成就すべし。

現代語訳

仏の教えに触れる縁に恵まれなければ、人は三宝という言葉を耳にすることはないだろう。
当然ながら、三宝を敬って生きることもない。
「本当に正しいことは何か」と問うことなくこの人生を生きれば、人は不安に駆られたとき安易に迷信に頼ったり、真実でないことを説く人々の言葉を信じたりしてしまうかもしれない。
それはとても危険なことだ。


なぜ自分は不安を感じるのか。
なぜ自分は苦悩するのか。
その根本を突き止めることをせずに、何かを信じて安心を得ようというのは、不安や苦悩の根本的な解決には結びつかない
真実を悟った者・真実についえの教え・真実にそって生きる人々、これらを手本にして生きることが、苦の正体を知り苦から離れて生きる最善の方法である。
そのように生きて、心安らかに生きる悟りを開いてほしい。

第十三節

其の帰依三宝とはまさ浄信じょうしんもっぱららにして、あるい如来現在世にょらいげんざい せ にもあれ、或は如来滅後にょらいめつ ご にもあれ、合掌し低頭てい ず して口に唱えていわく、南無帰依仏 な む き え ぶつ、南無帰依ほう、南無帰依そうほとけは是れ大師だいしなるがゆえに帰依す、ほうは良薬なるが故に帰依す、僧は勝友しょうゆうなるが故に帰依す、仏弟子となること必ず三帰にる、いずれの戒を受くるも必ず三帰を受けて其後諸戒そののちしょかいを受くるなり、しかあればすなわち三帰に依りて得戒とっかいあるなり。

現代語訳

三宝を敬うとは、浄く正しい真理を信念にして生きようとする態度のことである。
ブッダが生きておられようと亡くなっておられようと、一心に合掌して頭を下げて、「南無帰依仏、南無帰依法、南無帰依僧」と唱え、その信念を声に出しなさい。


仏は正しい教えを説く師であるからこれを尊ぶ。
法は苦しみを和らげる薬のようであるからこれを尊ぶ。
僧は苦しみを分かち合い支え合う友であるからこれを尊ぶ。
それが三宝を尊ぶ理由である。


仏の教えを指針にして生きようとするならば、必ず仏法僧の三宝を尊ぶべきである。
どのような教えを行動の指針にするのでも、根底には真実を見極めようとする心がなければいけない
そうした心があった上で、いろいろな指針を学びそれに沿って生きていくなら、それらも大切な人生の指針になりえるだろう。

第十四節

帰依仏法僧 き え ぶっぽうそうの功徳、必ず感応道交かんのうどうこうするとき成就するなり、たと天上人間地獄鬼畜てんじょうにんげんじごくきちくなりといえども、感応道交かんのうどうこうすれば必ず帰依し奉るなり、すでに帰依し奉るが如きは生生世世在在処処しょうしょうせせざいざいしょしょに増長し、必ず積功累徳しゃっくるいとくし、阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみゃくさんぼだいを成就するなり、知るべし三帰の功徳れ最尊最上甚深じんじん不可思議なりということ、世尊 せ そん已に証明しょうみょうしまします、衆生まさ信受しんじゅすべし。

現代語訳

仏法僧の三宝を敬う心は、真理を求める心と真理が交わったとき、本物の信仰心となる
衆生と仏とが別物でなくなったとき、衆生は仏の意味を知る。
いかに仏道から遠く離れた生き方をしていた者であっても、真理を理解したなら、必ず三宝を敬う心をおこすようになる。
ひとたび真実を理解する心が生じたなら、二度とその心が失われることはなく、やがては真理を悟り仏となるだろう。


三宝を敬うことを人生の指針とすることで、人は安らかに人生を生きることができるようになる。
ブッダはそれを身をもって証明された。
我々もその生き方を見習って生きていこう。


第十五節

次にはまさ三聚浄戒さんじゅじょうかいを受け奉るべし、第一摂律儀戒しょうりつぎかい、第二摂善法戒しょうぜんぼうかい、第三摂衆生戒しょうしゅじょうかいなり、次には応に十重禁戒じゅうじゅうきんかいを受け奉るべし、第一不殺生戒ふせっしょうかい、第二不偸盗戒ふちゅうとうかい、第三不邪婬戒ふじゃいんかい、第四不妄語戒ふもうごかい、第五不酤酒戒ふこしゅかい、第六不説過戒ふせっかかい、第七不自讃毀佗戒ふじさんきたかい、第八不慳法財戒ふけんほうざいかい、第九不瞋恚戒ふしんにかい、第十不謗三宝戒ふぼうさんぼうかいなり、上来三帰じょうらいさんき三聚浄戒さんじゅじょうかい十重禁戒じゅうじゅうきんかい、是れ諸仏の受持じゅじしたまう所なり。

現代語訳

仏法僧の三宝を敬う心をおこしたなら、次は三聚浄戒(さんじゅじょうかい)という誓願を立てなさい。
三聚浄戒とは次の3つの自戒である。

  1. 一切の悪事を行わない
  2. すすんで善行に努める
  3. 他者のために行動する


この誓願を立てたなら、次に十重禁戒という10種の実践徳目を守るようにしなさい。

  1. いたずらに生き物を殺さない
  2. 人のものを盗まない
  3. 淫欲を貪らない
  4. だましたり嘘をつかない
  5. 酒におぼれない
  6. 人の過ちを責め立てない
  7. 慢心をもったり人をけなしたりしない
  8. 人のためになるものを施すことを惜しまない
  9. 怒りで我を失ったりしない
  10. 仏法僧の三宝を謗らない


仏法僧という3つの宝、三宝を敬う心(三帰戒)、3つの誓願(三聚浄戒)、そして10種の戒(十重禁戒)。これをまとめて十六条戒という。
この十六条戒こそが、悟りを開いた者らが守り実践してきた生きる指針そのものである。

第十六節

受戒じゅかいするが如きは、三世の諸仏の所証しょしょうなる阿耨多羅三藐三菩提金剛不壊あのくたらさんみゃくさんぼだいこんごうふえ仏果ぶっかしょうするなり、誰の智人ちにん欣求ごんぐせざらん、世尊せそん明らかに一切衆生の為に示しまします、衆生仏戒ぶっかいを受くれば即ち諸仏しょぶつくらいる、位大覚だいがくに同じうしおわる、まことに是れ諸仏のみこなりと。

現代語訳

十六条戒を自らの血肉とし、それを指針にして生きていくならば、人生において何よりも大切な真理を悟ることができるだろう。
智慧ある者がその真理を求めないことはない。


ブッダはこう言った。
人は戒を受けることで仏の道を歩むようになる。
悟りを開いた仏と同じ道を歩み、仏の子となる


戒を指針に生きれば、それはもう仏の道を歩む仏にほかならないのだ。
戒とは仏の道であり、仏の道とは戒なのである。

第十七節

諸仏の常に此中このなか住持じゅうじたる、各各の方面に知覚をのこさず、群生ぐんじょうとこしなえに此中に使用する、各各の知覚に方面あらわれず、是時十方法界このときじっぽうほっかい土地草木牆壁瓦礫 と ち そうもくしょうへきがりゃく 皆仏事みなぶつ じ すをもって、その起す所の風水の利益りやくあずかともがら、皆甚妙じんみょう不可思議の仏化ぶっけ冥資みょうしせられてちかき悟りをあらわす、是を無為むいの功徳とす、是を無作むさの功徳とす、是れ発菩提心ほつぼだいしんなり。

現代語訳

悟りを開いた者たちは、必ず戒に沿った生き方をしている。
守ろうと意識してもしなくても、行動が自ずと戒に沿ったものになっている。
何かに意識がとらわれて戒を破るようなことはない。
戒を受けて仏の道を歩む者もまた同じである。


仏の道を歩みながら世界を眺めたとき、土も草も木も石も、宇宙に存在するすべてが真理を説いているように感じられることがある。
我々は自然が説き示す幾多の真理に耳を傾け、不思議としか言いようのない自然の導きを受けて、悟りとは何であるかを知る。


自然は悟りを開かせようと作為しているわけではない。
何もしてはいない。
何もしていないというはたらきをしている。
そこに我々は真理を見る。
そうして、仏の道を歩む志をより一層固めていく。
この尊い心こそ、仏の道を求める心にほかならない


↓『修証義』の続き(四章)はこちら↓
www.zen-essay.com