読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 中道 - 苦にも楽にも偏らない道、真ん中という生き方 -

【スポンサーリンク】


【禅語】中道(ちゅうどう)

「どこで修行をしたのですか?」
と訊ねられて、
永平寺です」
と答えると、
「ああ、あの厳しいって噂のところね」
というような反応が返ってくることが多い。これはもう、皆さんどれだけ同じイメージを抱いているのかと驚くほど、本当に多い。


厳しい……と言えば厳しいけれど、別に厳しいことが修行ではないんだけどなあ。
心の中で独り言を呟きつつ、そんな話をしても水をさすだけだろうと堪えて、それ以上口にすることはしない。
ただ、禅における修行とは、必ずしも厳しさのなかにあるものではないということを知っておくと、禅というものの基本的な考え方が理解しやすいのではないかなあと、常々思っている。


仏教を説いたブッダは、もともとシャカ国の王子であった。城での暮らしは何不自由することのないものだったと考えられている。
しかし、ブッダは城の門を出て城外の人々の暮らしを見て回るうちに、そのような享楽的な生活に虚しさを覚えるようになった。


なぜか? ブッダはそこで何を見たのか? 老いて、病んで、死んでいく人を見たのである。
そして、どれだけ贅沢をしようと、人はやがて老いて、病んで、死んでしまうという事実から逃れることができないことを知り、愕然とし、浮かれた心になどなれなくなってしまったのだ。


贅沢をして生きて、一時的に苦悩を忘れることができたとしても、結局この苦悩から抜け出すことはできない。
それならいっそのこと、人生について考えることをせずに享楽的に生きるのではなく、老いて、病んで、死ぬ定めであるところのこの人生とは何なのか、それを明らかにするために生きたほうが賢明なのではないか。そのほうがずっと豊かな人生となり、心安らかに生きることができるはずだ。
ブッダはいつしかそう考えるようになり、29歳の時、城を抜け出して出家したのだった。


出家をしたブッダはいろいろな師に出会いながらも、最終的には苦行によって心の平安を得ようとした。
当時のインドには、苦しみが生まれる原因は肉体にあり、肉体を痛めつけて弱らせることで心が肉体から解放されるという考え方があったからである。
しかし、どれだけ苛烈な苦行に身を投じても、心の平安は得られなかった。それどころかブッダの体は徐々に痩せこけていき、やがて骨と皮だけになるほどまでに衰弱していったのである。


ブッダはそのような苦行を6年も続けたが、死の淵にまで自分を追い詰めても心の平穏を得られなかった。
そこで苦行に見切りをつけ、近くの川でぼろぼろになった体を洗い、川のほとりにそびえ立つ菩提樹の下で静かに坐禅をはじめた。
そして坐禅をはじめてから8日目の明けの空に輝く星を見て、ついに悟りを開いたのであった。

【スポンサーリンク】


このブッダの人生こそが、中道という考え方そのものを表している。
中道とは「偏らない道」という意味であり、ブッダの人生でいえば、享楽と苦行とのどちらにも偏らない生き方を指すものである。つまり、菩提樹の下で坐禅をするという生き方が、ブッダの人生において中道だったわけである。
城での享楽的な暮らしと、出家してから苦行に打ち込んだ暮らしとの、どちらに偏っていても安らかな心ではいられなかった。
そこで偏りを離れて、心をニュートラル、真ん中に据えることでブッダは心の平安を得たのだ。


両極端を離れて静かに坐り、自分の心を水鏡のように穏やかなものへと整える。
整えることができたら、今度は整え続ける
その心を常に維持できるように努め、日々の生活を送る。
それが禅の修行。特別なことが修行なのではない。


外界からの刺激によって乱れがちな心を、不断に整え続ける。それが禅の修行の根本である。
そこに苦行は必ずしも要しない。歯を食いしばっていたら、心の水鏡に不穏な振動が伝わってさざ波立ってしまうことだろうから。


だから禅の修行に難しいことは何もないのだ。誰にでもできる簡単なことばかりである。
ただ、その簡単なことを持続させることは、簡単なことではない。だから修行は難しくはないが、簡単なことでもないのである。


ちなみに、永平寺では修行という言葉をあまり使わない。代わりに「行持」という言葉を使う。「修行の持続」を縮めて行持。難しいのは修行ではなくて、心を整えるという修行を、不断にずっと続けていくこと