禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 鶏寒くして樹に上り 鴨寒くして水に下る - いろんな答えがあっていい -

禅語,鶏寒くして樹に上り鴨寒くして水に下る

【禅語】鶏寒くして樹に上り 鴨寒くして水に下る

雪の降りしきる真冬の池を鴨が悠々と泳いでいる、あの信じられない光景を目にしたことがあるだろうか。
人があの真似をしたら、寒さで凍え死んでしまってもおかしくない。いや、きっと死ぬ。
見ているこちらが心配になってしまうような光景であるが、当の本人である鴨にとっては、そんな心配は無用なのだそうだ。


鴨には特殊な体の構造があって、足の温度は5度くらいでも、体温は常に40度を保つことができるという。
何でも、足で冷やされた血液が、体の中心にまで届かないような仕組みになっているとか。
だから冷たい水を泳いでいても体温が下がらない。足温はまずい数値まで下がるが、それはまったく問題ないのだという。本当か? どうしても信じられない。



足は大丈夫でも、お腹の下側、どっぷり水に浸かっているよね? あれは大丈夫なの?
大丈夫らしい。
じつは体を包む羽毛には脂が塗り込まれていて、水をはじいて冷水が体表に付着することを防いでいるらしい。
これまた、本当か? それで冷たくないのか? 自分で実験してみようか? と疑ってしまう。
なんという驚きの構造と発想をもった鳥なのだろう。鴨というのは。


ただ、そんな体の特殊構造をしらない昔の人は、やはりこの光景を見て少なからず驚いたようす。
禅語にも、「鶏寒くして樹に上り 鴨寒くして水に下る」という言葉があるのだ。
寒い冬に樹の上でじっとしている鳥がいれば、池に入ってすいすい泳ぐ鳥もいる。
寒さ一つに対しても、いろいろな対応の仕方がある。あの鴨を見てみな、という具合に。

人の数だけ生き方がある

ところで最近の成人式では、市長なり行政の方がこんなふうに挨拶をされることが多い。
「今日、この成人式を迎えることで、みなさんは晴れて大人の仲間入りをはたしました。これからは大人としての言動を心掛けてください」
式のあとに呑めや騒げやの宴がまっているかと思おうと、どうしても一言釘をさしておきたくなる気持ちは、わからなくもない。
ただ新成人となって浮かれている人の耳に、その言葉がしっかりと届いているかははなはだ疑問であるが……。


ここで言っている「大人としての言動」とは何なのだろうか。
「大人としての正しい言動」というマニュアルのようなものがあって、それに沿って生きることをいっているのか。
無論、そうではない。


「大人とは何か」を自らの内に問うことが、唯一絶対の大人としての在り方である。
パソコンに向かって、「大人の言動」で検索された情報を見て、それにならうことが大人の言動なのではない。
それは他人の言動にならっているのであって、依るべき確固とした精神を持たない子どもの言動である。


自らの言動を、自らの精神に依ること。
自らの精神に立脚して生きること。
それが「大人としての言動」の意味である。
つまりが、「ちゃんと自分の頭で考えなさい」と、壇上のお方は言いたいのだろう。


ゆえに、そこから導き出される答えは千差万別。
人と真逆の答えだっていくらでも飛び出す。
それはそれでいいのだ。
冬が訪れ、その寒さにどう対応するか。
木の上でじっとする鳥がいれば、水に入ってすいすい泳ぐ鳥もいる。
対応それ自体に正解などなく、それぞれがそれぞれの答えを行じるのみである。
「鶏寒くして樹に上り 鴨寒くして水に下る」という禅語は、そのことをいった言葉だ。


どのような答えであっても、それが自らの精神からでたものでなければ偽物となる。
誰かの借り物の言動を模倣していては、どこまでいっても鴨にはなれない。鶏にもなれない。何者にもなれない。自分にもなれない。
だから、自らに問う。
それだけが、自分自身をよりどころとして大人にいたる唯一の入口である。


人の数だけ生き方がある。
あなたは寒さに対峙したとき、どうやって対処するだろうか?


www.zen-essay.com
⇧ いろいろな禅語を知りたい方はこちらからどうぞ