禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 他は是れ吾にあらず - 他人は自分ではない -

【スポンサーリンク】


【禅語】他は是れ吾にあらず(たはこれわれにあらず)

自分の仕事は自分で行う。
それは当たり前のことであるが、その当たり前を主題にした禅語がある。
「他は是れ吾にあらず」
鎌倉時代に日本から中国へ海を渡った道元禅師(どうげんぜんじ)が、留学先の寺院で出会った禅語である。


ある時、道元は寺の廊下を歩いていた。
空には真昼の太陽が高く上がり、辺りを容赦なく照らしている。
ふと、目線を中庭に移すと、直射日光を浴びながら黙々と瓦の上に椎茸を干している年老いた僧の姿が目に映った
さぞかし老身にこたえる仕事のように見えた。
心配になった道元は、近づいて声をかけた。


「失礼ですが、あなたさまはおいくつですか?」
「68歳になる」
「それほどまでに修行を積まれた方がこのような身にこたえる仕事をせずとも、もっと若い修行僧に任せたほうがよろしいのではないでしょうか?」


日本からやってきた道元の頭には、食事の準備というような仕事は若い僧が行うことだという思いがあった。
当時の日本では食事は下っ端の仕事だったからである。
だから老僧が汗水を流しながら椎茸を干す姿が不憫に思えてならなかったのだろう。
すると老僧はこんな言葉を返した。
「誰かにやってもらったのでは、自分でしたことにはならんからのぉ」
これが「他は是れ吾にあらず」という禅語の意味である。

【スポンサーリンク】


他人がしたことは、自分でしたことではない。
当たり前の、それだけの言葉なのだが、これはちょっと奥の深い言葉なのだ。
誰かがしたことは、誰かがしたことなのだから、自分でしたことではない。
私たちはこれを当たり前のことと思うが、時にこれが当たり前ではなくなることがある。
他人が代わりにしてもいいのではないかと。
「自分」というものを思考の外に放ってしまうことがあるのだ。
ちょうどこの時の、道元のように。


道元の思いは、「椎茸を干す」という行為に焦点を当てていたのであって、「老僧が何をするか」に思いをめぐらせていたわけではない。
誰が椎茸を干そうと、干せればそれで問題ないじゃないか。
だから若い修行僧に代わってもらえばいいのだと。


しかし、老僧にとって重要だったのは、「自分が何をするか」であって、「誰が椎茸を干すか」ではなかった
「自分が椎茸を干す」ことが重要なのであって、「椎茸を干す」ことが修行なのではない。
自分で自分の本分を全うすること以上に、大切なことはない。
それが禅の根本であることを、暗に道元に伝えたのである。


もちろん道元は老体に気を遣って声をかけたのだろう。
しかし、本当に気を遣うとはどういうことか、老僧は逆に道元に伝えたのだ。
相手に楽をさせることが、必ずしも気遣いではないのだと。


仮に、この椎茸を干す仕事を若い僧に代わってもらったとする。
それでちゃんと干し椎茸ができ上がったとしても、それは他人がしたことであって、自分がしたことではない。
誰かが修行をして、それで自分が成長するはずもないことを知っていながら、それでも誰かにしてもらえばいいのではないかとの思いを、私たちは抱くことがある。
しかしそれは、本当にその人のことを考えた上での気遣いではないのだ。
気を遣うとは、その人にとってどうすることが本当にその人のためになるかと考えて行うことであって、単に楽をさせることではない。


人がご飯を食べて、それで自分の腹が膨れることがないように、あるいは人にトイレで用をたしてもらって、それで自分の便意が消えることのないように、誰かがしたことは自分でしたことにはならない。
自分がしなければ、自分はしなかったことになる。
自分で為したことだけが、自分に帰結するのである


この話は現代にもそのまま通じる話である。
トイレ掃除は新入社員の仕事だと思っていて、朝早くに出社してトイレ掃除をしようと思ったら、なんと社長がトイレ掃除をしていた。
「社長っ、私が代わります」
と慌てて駆け寄ると
「いや、あなたにやってもらったら、私は掃除をしなかったことになるからねぇ」
そんなふうに返されたら、新入社員は訳もわからずにぽかんとするかもしれない。
きっと、するだろう。


人が自分を肯定できるのは、自分のやるべきことを行っている時。
ゆえに自分のやるべきことをやろうとしている人に、「代わります」は愚問なのである。
それよりも、あなたはあなたのやるべきことをしっかりと全うしてもらいたいと、相手は考えているのではないか。
気を遣うとは相当ややこしく難しい行為であるが、少なくとも、自分本位で気を遣うのではなく、相手が何を望んでいるかに主眼をおいたほうがいいことだけは確かである。


「他は是れ吾にあらず」
他人は自分ではない