禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 生児現成 - 親だって1年生、親と子は同級生 -

【スポンサーリンク】


【禅語】生児現成(しょうにげんじょう)

親と子の関係について述べられたちょっと面白い禅語がある。「生児現成」。
道元禅師が著した『正法眼蔵』の山水経の巻に出てくる言葉だ。


この言葉の意味を知っておくと、育児に対する心構えが少し和らぐのではないかと思う。私自身がそうだったから。
肩肘を張って、何もかも完璧にこなして、失敗しないで子どもを育てなければいけないという呪縛から解放される。
だからこの言葉は、子を育てている、あるいはこれから育てるすべての親に知っていただきたい言葉でもある。


親と子との関係を考える時、先に親が存在して、そこから子が生まれたと考えるのが普通だろう。
実際、子は母親のお腹から産まれてくるのだから、親がいなければ子が存在しないのは疑い用のない事実である。
ただ、この禅語が言っているのは、それと逆のパターンはどうか、ということ。
つまり、子がいなければ、親も存在しないのではないか、と言っているのである。


考えてもみれば、子を産む前の親は、親ではない。大人ではあるが、まだ子がいないから親ではない。
では、いつ親になるかといえば、それは子が産まれたときである。
子が産まれることによって、親ははじめて親となる。
つまり、親子は同時に誕生するのだ。これは、当たり前のようでいて、ちょっと忘れられがちな視点である。
何十年と生きてきた大人であっても、親としては1年生。何もかもがはじめての新米親からはじまるのである。


親は、当然子よりも歳が上である。だから、親は子よりも多くのことを知っている。
だが、親が産まれたのは、子が産まれたときなのだから、親と子は同い年と考えることもできる。
また、親は子を育てるが、親だって子によって育てられる部分も多い。
親子は互いに成長するのである。

【スポンサーリンク】


子育ては喜びも多いが、それと同等の苦労もある。
子どもほど手を焼く存在はいないと感じる人も多いことだろう。
夜泣きなどによって肉体的にも精神的にもまいってしまってノイローゼになる人だっている。
人と育てるというのは、きれい事では済まされない。


親は親なのだからしっかりしなければいけないと、誰に言われなくても親は感じてしまう。
子が産まれたときは親もピカピカの1年生なのだから、わからなくても何も不思議はないのだが、なかなかそうは思えない。
しっかりしなければいけないと、必要以上に自分を責めてしまうことだってある。
「なんでこの子は言うことを聞いてくれないの」
と、苛立つこともある。
それは往々にして負の連鎖となって、余計に自分を苦しめることになる。


親だって1年生。親と子は同級生。
この事実を忘れてはいけない。
親がいるから、子どもがいる。子どもがいるから、親がいる。
親子は同等の存在で、お互いがお互いの存在によって、今ここに存在している道理を忘れてはいけないのだ。
親子はどちらも同じ時期に、同じ1年生から始まるのである。


お互い初めてのことなんだから、焦らずゆっくりと学んでいきましょうよ。