禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

『修証義』第一章「総序」を現代語訳するとこうなる ~総論としての仏教思想~


『修証義』第一章「総序」を現代語訳するとこうなる

道元禅師が著した孤高の名著、『正法源蔵(しょうぼうげんぞう)』。
その『正法源蔵』から抜粋した文章を再編成して組み直した経典、『修証義(しゅしょうぎ)』。
道元禅師の思想と仏教観がちりばめられた『修証義』を現代語訳することで、道元禅にふれることができないだろうか。
そんな思いもあり、『修証義』を現代語訳してみることにした。


ここでは『修証義』の第一章「総序(そうじょ)」を現代語訳(私訳)し、その内容に迫っていきたい。
「総序」では、総体的な序文ということで『修証義』の大綱が示され、仏教の根本教理が説かれている。
すなわち、死生観、人生観、無常観、因果観、業報観といったものが、各節の主題となっている。
道元禅師の言説を訳し、それらが意味するものが何であるのかを確かめていきたい。
なお、『修証義』の概要や編纂に至った経緯などは、下の記事を参照していただきたい。
www.zen-essay.com


第一節

(しょう)を明(あき)らめ死を明らむるは仏家(ぶっけ)一大事の因縁なり、生死(しょうじ)の中に仏あれば生死なし、但(ただ)生死すなわち涅槃(ねはん)と心得て、 生死として厭(いと)うべきもなく、涅槃として欣(ねご)うべきもなし、是(この)時初めて生死を離るる分(ぶん)あり、唯(ただ)一大事因縁と究尽(ぐうじん)すべし。

現代語訳

生きるとは何なのか、死ぬとは何なのか。気付けば大地の上に立っていたこの自分という存在の生き死にを明らかにすることが、真実の道を歩もうとする者にとって何よりも重要な問題である。
自分の思いと関係なく生まれ、死ぬこの人生は、思いどおりにならない苦しみで満ちている。しかしその苦の真実、生きること死ぬことの真実を悟ることができれば、人はこの世を安らかに生きることができる。
だから、人生を嫌わず、この人生のほかに安らかな世界が存在するとも考えず、今生きているこの人生のなかで、幸せをその手で摑んでほしい。幸せとは何かを知ることこそが、人生において究め尽くさなければならないもっとも重要な事柄なのだ。

第二節

人身(にんしん)得ること難し、仏法 値(お)うこと希(まれ)なり、今我等 宿善(しゅくぜん)の助くるに依りて、已(すで)に受け難き人身を受けたるのみに非ず、遭い難き仏法に値い奉(たてまつ)れり、生死(しょうじ)の中の善生(ぜんしょう)、最勝(さいしょう)の生なるべし、最勝の善身を徒(いたず)らにして露命(ろめい)を無常の風に任(まか)すること勿(なか)れ。

現代語訳

自分が存在していることは、奇跡そのものだ。宇宙の広がりと、悠久なる時間の流れとを考えたとき、今ここに自分が存在していることはまさに奇跡としか言葉で表しようがない。そして、自分が存在することを奇跡だと感じるこの感覚もまた、人生において決して当たり前に得られるわけではない大切な気付きでもある。
想像してもしきれないほどの多くの縁があって、人は生きている。そうしたことを感じながら生きることができれば、それもまた素晴らしい生き方だ。命があるという、このとてつもない不思議を尊ぶことをせず、虚しく生きるようなことがあってはならない。

第三節

無常 憑(たの)み難し、知らず露命(ろめい)いかなる道の草にか落ちん、身(み)(すで)に私に非ず、命は光陰に移されて暫くも停(とど)め難し、紅顔(こうがん)いづくへか去りにし、尋ねんとするに蹤跡(しょうせき)なし、熟(つらつら)観ずる所に往事(おうじ)の再び逢うべからざる多し、無常 忽(たちま)ちにいたるときは国王大臣親暱(しんじつ)従僕(じゅうぼく)妻子珍宝たすくる無し、唯独り黄泉(こうせん)に趣(おもむ)くのみなり、己に随い行くは只(ただ)是れ善悪 業等(ごっとう)のみなり。

現代語訳

春の若葉が秋には紅葉し、冬に散ってゆくように、あらゆるものは刻々と姿を変えていく。我々の身体もまたその理のなかに存在し、やがて歳をとり、老いて、死にゆく。少年だった頃の面影は一体どこへいってしまったのか。あとかたすら残ってはいない。
今一度、心静かに命について考えてみたい。ひとたび過ぎ去れば、時は二度と戻らず、命もまた一つしかない。国王や大臣の強大な権力や、親や兄弟や友人との友情や、妻や子どもとの愛情や、あるいは金銀財宝の力をもってしても、その事実は少しも変わらない。我々はその時が来たら、一人で死にゆくしかないのである。そんな我々に随ってくるものがあるとすれば、それは生前に為した行いの果報くらいだろう。

【スポンサーリンク】


第四節

今の世に因果を知らず、業報(ごっぽう)を明らめず、三世を知らず善悪を弁(わき)まえざる邪見の党侶(ともがら)には群(ぐん)すべからず、大凡(おおよそ)因果の道理歴然(れきねん)として私なし、造悪の者は堕ち、修善の者は陞(のぼ)る、毫釐(ごうり)もたがわざるなり、 若(も)し因果亡(ぼう)じて虚しからんが如きは、諸仏の出世あるべからず、祖師の西来(せいらい)あるべからず。

現代語訳

この世界に生きる上で、真実を見ようとしない生き方をする人と同じ考えに立ってはいけない。無数の縁によって結果が生じることの道理を知らなかったり、何か行動をすれば、その行為によって生じた影響力は形を変えながらも継承され続けていくことや、未来にまで影響力を残すことを理解しなかったり、あるいは善悪について考えようともしない者たちと同じであってはいけない。
数多の縁があって、今がある。この因果の道理は、いつの時代でも、どの国でも、誰にとっても正しい事実だ。悪事をはたらけば精神は堕し、善行を行えば心は浄らかになる。それもまた厳然たる事実だ。もしこれらの真実が存在しなかったなら、ブッダらは真実を悟って仏となることはなかったであろうし、達磨大師がインドから中国へ禅を伝えることもなかっただろう。

第五節

善悪の報に三時(さんじ)あり、一者(ひとつには)順現報受(じゅんげんほうじゅ)、二者(ふたつには)順次生受(じゅんじしょうじゅ)、三者(みつには)順後次受(じゅんごじじゅ)、これを三時という、仏祖の道を修習するには、 其の最初よりこの三時の業報(ごっぽう)の理を効(なら)い験(あき)らむるなり、爾(しか)あらざれば多く錯(あやま)りて邪見に堕つるなり。但(ただ)邪見に堕つるのみに非ず、悪道に堕ちて長時(ちょうじ)の苦を受く。

現代語訳

善行、悪行によって生まれた影響力は、自分が生きている間に報いとなって現れることもあれば、死んだ後、子や孫の時代に報いとなって現れることもある。善いことをすれば、人はあなたに親切に接するだろう。あなたの子にも親切にするだろう。あなたの死後、あなたの孫や曾孫にも親切にするだろう。
行いによって生じた影響力は、時代を超えて継承され続けて報いとなる。ブッダらの生き方から大切なことを学ぼうと思ったなら、行いと報いの関係をまず学びなさい。この道理を知らないものは、ただ知らないというだけでは済まず、安易な気持ちで悪行に手をそめてしまい、その結果として非常につらい報いを受けることになりかねないからである。

第六節

(まさ)に知るべし 今生(こんじょう)の我身(わがみ)二つ無し、三つ無し、 徒(いたず)らに邪見に堕ちて虚しく悪業を感得(かんとく)せん、惜(おし)からざらめや、悪を造りながら悪に非ずと思い、悪の報あるべからずと邪思惟(じゃしゆい)するに依りて悪の報を感得せざるには非ず。

現代語訳

今、はっきりと心に刻むように理解しなさい。あなたの命は、この宇宙にたった一つしかない尊いものであることを。あなたの人生は有限なもので、必ず終わりが来ることを。間違っても、誤った考えに執着して悪の報いを受けるような生き方だけはやめなさい。
それは生き方として、とても悲しいものなのだ。悪事をはたらきながら、これは悪いことではないと詭弁でもって自分に言い聞かせ、悪を為した報いなど受けるはずもないと思いながら生きる。そんな生き方のどこに尊さがあるだろうか。それはもうすでに悪の報いを受けてしまっている。何が大切かもわからない、考えることもできない、幸せを知らない、そんな虚しい人生を歩いてしまっていることが、すでに最大の悪の報いなのだ


↓『修証義』の続きはこちら↓
www.zen-essay.com