読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 悟れば好悪なし - 悟った者と、そうでない者の違い -

【スポンサーリンク】


【禅語】悟れば好悪なし(さとればこうおなし)

ブッダは、悟った人物とそうでない人物の違い、つまり聖者と凡夫の違いについて、矢を用いた喩え話で説明をされたことがあった。
それが、「第一の矢と第二の矢」の話だ。


たとえば、美味しい料理を食べたとする。
その時に抱く「美味しい」という感覚は、悟っていても、悟っていなくても、どちらも同じ。
どちらも等しく「美味しい」と感じる。
これが料理から放たれた第一の矢を受けての感想である。
同じように、散歩していて道端にきれいな花を見つけた時に「きれいだな」と思うのも、第一の矢。
車を運転していたら、急に横から割り込みをしてくる車に出会って「危ない」と思うのも、第一の矢。
それら一次的な思いはすべて第一の矢であり、この矢は悟った者にも悟っていない者にも変わりなく突き刺さる


問題は、第二の矢だ。
美味しい料理を食べると、我々は往々にしてもっと食べたいという思いを抱く。
おかわりができればおかわりがしたくなり、またいつか同じ料理を食べたいとも願う。
あるいは、きれいな花が咲いていれば、摘んで家に持ち帰って花瓶にでも活けてみたいとか、割り込みをする車の運転手には文句の一つも言ってやりたいとか、そうした思いを引きずることがある。
このような一次的な思いから生じた二次的な思いが、第二の矢
悟った者は、第一の矢を受けても第二の矢は受けない
しかし悟っていない者は、第一の矢を受けた後に、すぐ第二の矢も受けてしまう
それが聖者と凡夫の違いなのだと、つまりは悟った者とそうでない者の違いなのだと、ブッダは説いた。


第一の矢と第二の矢は、どこが違うのか?
ずばり、飛んでくる場所が違う。
第一の矢は、外から飛んでくる。
第二の矢は、内から飛んでくる。
内とは、もちろん自分の内側のことである。
自分の心が第二の矢を放ち、自分で放った矢が自分自身に突き刺さってしまうのだ
あたかもブーメランのように我が身に向かって飛んでくる矢。
自分で投げて、自分で傷を負うのだから、自業自得であるといえるかもしれない。

【スポンサーリンク】


これはつまり、第一の矢を受けて、それについて好き嫌い、善し悪し、是か非かを言うと、第二の矢が放たれるということを示している。
料理を食べた一次的な思いについて、さらに好き嫌いを言う。
きれいな花について、さらに善し悪しを言う。
割り込みをする車について、さらに是か非かを言う。
すると、そこから第二の矢が放たれる。


だから、美味しい料理は「あー美味しかった」で終わり。
きれいな花は「あーきれいだな」で終わり。
危険な車は「あー危ないな」で終わり。
そこで終わって、心をニュートラルに戻しておけば第二の矢は放たれない
反対に喜怒哀楽のその感情を引きずると、どうしてもそこから苦しみが生じてきてしまうのだ。
喜と楽をずっと味わっていたいと思っても、やがてそれが叶わなくなって苦しみとなる。
怒と哀を引きずると、いつまでも心が安まらない。
感情の引きずりによって、苦しみがひょっこり顔を出す


悟ったなどというと、あたかも第一の矢さえも受けないような人を超えた人格を想起しがちだが、そうではない。
一次的な思いは、人が生きていく上で不可欠であり、不可避の感情。
しかし、第二の矢は違う。
第二の矢はあくまでも自分本位の思いから放たれる矢であり、自分の内側から放たれる矢である
第一の矢を受けて、さらに第二の矢を放つかどうか。
それが悟った者と、そうでない者の違いなのだ。


悟れば好悪なし
好き嫌い、良し悪し、是か非か。
そうした思いを生じさせる元になる「我」を忘れ去った状態が、悟りであると言えるのかもしれない
ブッダが亡くなって長い年月の後に禅僧によって著わされた『信心銘』という書物に出てくるこの「悟れば好悪なし」という禅語は、ブッダの喩えを思い起こさせる。
悟りという事柄を端的にあっさりと示しているものの、なかなか奥の深い禅語である。