読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

『修証義』第二章「懺悔滅罪」を現代語訳するとこうなる ~懺悔からはじまる仏道~


『修証義』第二章「懺悔滅罪」を現代語訳

修証義』の第二章「懺悔滅罪」(さんげめつざい)とは罪を懺悔するという意味であるが、自分は罪など犯していないと思う人もいるかもしれない。
しかしそうではなくて、たとえば刑法に該当するような罪ばかりが罪なのではなく、外を歩けば知らず知らずのうちに小さな虫を踏み殺してしまっているかもしれないとか、無自覚のなかに生じている罪の存在をも自覚することが重要だという意味でもある。
過去の過ちを悔いて、今後同じような過ちは犯さないと誓うと同時に、無自覚のうちに犯してしまっているかもしれない罪に対しても懺悔することが大切なのだと。それが懺悔の本質なのだと。


私たち人間は欲を捨てきることができない。欲は生存に必要な要素でもある。
だから煩悩をなくすことはできず、これを少なくしてコントロールすることができるよう、精神を鍛錬することが禅の修行の根幹となる。
人間は生きている限り罪を犯し続ける生き物であり、その自覚を有することができたならば、懺悔するという心もまた有することができるようになる。
煩悩にまみれた凡夫の心と、懺悔をする仏の心とを有しているから我々は人間なのである。人間とは凡夫であり、また仏でもあるのだ。
このような第二章について、その原文と現代語訳をみていきたい。
なお、第一章と、そもそも『修証義』とは何かについては、下の記事を参考にどうぞ。
www.zen-essay.com
www.zen-essay.com


第七節

仏祖(ぶっそ)憐みの余り広大の慈門(じもん)を開き置けり、是れ一切衆生を証入(しょうにゅう)せしめんが為めなり、人天(にんでん)誰か入らざらん、彼(か)の三時の悪業報(あくごっぽう)必ず感ずべしと雖(いえど)も、懺悔(さんげ)するが如きは重きを転じて軽受(けいじゅ)せしむ、又 滅罪清浄ならしむるなり。

現代語訳

ブッダをはじめとする歴代の祖師方は、慈悲の心から救いの門を開き続けてこられた。それは、この世界に生きるすべての人々を安らかな心へ導くための教えの門であった。どのような人であっても、志しを持ったならば、誰もがこの教えの門の内に入っていくことができた。
過去に過ちを犯し、また平生気付かないあいだにも罪を犯している私たちは、為した悪い行いの報いを受けなければならない。しかしその罪を懺悔したなら、悪業の報いは軽くなる。そのようにして生きることで、心は浄らかなものになる
汚れた茶碗にご飯をよそうことがないように、新しい門をくぐるとき、まず最初に行うべきは過去の汚れをきれいに洗い流すことなのだ。仏の生き方の最初に懺悔が存在するのは、そのような理由による。

第八節

(しか)あれば誠心(じょうしん)を専らにして前仏に懺悔すべし、恁麼(いんも)するとき前仏懺悔の功徳力(くどくりき)我を拯(すく)いて清浄ならしむ、此(この)功徳能(よ)く無礙(むげ)の浄信(じょうしん)精進を生長(しょうちょう)せしむるなり、浄信一現(いちげん)するとき自佗(じた)同じく転ぜられるなり、其(その)利益(りやく)(あまね)く情非情に蒙(こう)ぶらしむ。

現代語訳

だから人は、正しい道を歩もうとするとき、決して慢心を抱くことなく、必ず自己を省みながら進んでいかなければいけない。常に懺悔の心を忘れてはいけない。
仏の前で自分の罪を素直に懺悔することができれば、罪の事実は消えずとも心は浄らかになる。そうした浄らかな心は、正しい道を歩む上で非常に頼もしい助力になる。
浄らかな心がひとたび現れれば、自分が変わるだけでなく、変わったあなたに影響されて周りの人も変わっていく。善い心から生まれた影響力はどこまでもひろがって、人や生き物に限らず、山川草木などの大自然にまで広がっていくだろう。

第九節

(その)大旨(だいし)は、願わくは我れ設(たと)い過去の悪業多く重なりて障道(しょうどう)の因縁ありとも、仏道に因りて得道せりし諸仏諸祖我を愍(あわれ)みて業累(ごうるい)を解脱せしめ、学道 障り無からしめ、其(その)功徳法門普く無尽法界(むじんほっかい)に充満弥綸(みりん)せらん、哀みを我に分布すべし、仏祖の往昔(おうしゃく)は吾等(われら)なり、吾等が当来は仏祖ならん。

現代語訳

仏に対して懺悔するとき、心には次のような思いがあるだろう。
「私は悪い行いをして悪業を積んでしまいました。正しい道を歩こうと思っても、この悪業の報いが障碍となって道を阻み、挫折し諦めてしまうかもしれません。
だから正しい道を歩まれ悟りを得られた仏さまにお願いがあるのです。どうか私の懺悔を聞き届けてください。そして悪業による報いにも屈せず、道を見失わないで歩いてゆけるよう、見守っていてください。
仏さまの慈悲の心から生まれた功徳の力や導きの言葉が世界中に満ちて、そしてその慈悲が私の身にも降り注ぐことを願ってやみません」
仏も昔は我々と同じ凡夫であった。我々も正しく生きることで仏になることができる。凡夫と仏は別人ではないのだ。

第十節

我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)、皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)、従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)、一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)、是(かく)の如く懺悔すれば必ず仏祖の冥助(みょうじょ)あるなり、心念身儀(しんねんしんぎ)発露(ほつろ)白仏(びゃくぶつ)すべし、発露の力 罪根(ざいこん)をして銷殞(しょういん)せしむるなり。

現代語訳

懺悔をするときは「懺悔文(さんげもん)」を唱えるといい。次の短い偈文のことである。
我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)
従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)
私はこれまでに為してきた悪しき行いによって、多くの悪業を積み重ねてきてしまった。それは意識と無意識とに関わらず、貪欲に何かを求めたり、我を忘れるほどに怒ったり、正しいことを考えなかったことが原因となって、行いと言葉と意識とで生み出してしまったものである。今、そのすべてをここに懺悔する。
おおよそ、偈文の意味は以上のようなものだ。
仏の前に身を正し、心に懺悔の念を深く起こし、声に出して「懺悔文」を唱えたなら、仏は必ず我々を見守ってくださる。罪の事実は消えなくても、身と心は浄らかなものになる。罪の根っこを溶かして、これ以上いらぬ罪の芽が生えないようになるのである。