禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

お香・香木の種類と香り - 白檀・沈香・伽羅 -

【スポンサーリンク】


仏教と「お香」

仏教ではよくお香が用いられる。
香りを供えることはとても尊い供養であるという考え方が仏教にはあるため、葬儀や法事などの仏事では必ずといっていいほど焼香が行われるようになっている。


その焼香に使用されているあの細かく刻まれたお香であるが、あれは一体何なのか。
木を砕いたものだろうというところまでは想像がつくが、それ以上細かな話になると詳しくは知らないという方も多いのではないかと思う。
そこでお香の種類について少々。

お香・香木の種類

お香の種類はいくつもあるが、もっともメインとなるのは香木である。
香木とは、材そのものに芳香を有する木をいう。
香りを放つ木などいくらでもあるため、広義ではそれらはすべて香木となるのかもしれないが、通常、香木といえば次の3種を指す。

  • 白檀(びゃくだん)
  • 沈香(ぢんこう)
  • 伽羅(きゃら)

ここではそれらの特徴をみてみたい。

① 白檀

ビャクダン科の樹木。
インドやインドネシアで多く産出される。
半寄生の樹木であり、種から発芽して若木のうちは自力で成長するが、やがて傍に生えている他の木に寄生し、その木の根などから養分をもらって育つようになる


幹の中心部分(芯)がもっとも香りが強いため、芯材を削り出して使用される。
何もしなくても爽やかでほのかに甘い香りがするため、仏像などの彫刻、扇子、数珠、薬用、防虫などに使用されることが多い
もちろん焼香にも用いられる。
洋の東西を問わずに親しまれてきた香木である。

② 沈香

ジンチョウゲ科の樹木。
ベトナム、インドネシア、インドなどで産出される。
原木はとても軽いのだが、樹脂が蓄積されることで重くなり水に沈むほどになる。
「水に沈む香りのする木」という意味で「沈水香木」と呼ばれ、それを縮めて沈香という


この沈香という香木が特殊なのは、木自体には香りがほとんどないこと。
沈香とは、木質部に様々な外的な要因、たとえば傷が付いたり虫に喰われたりすることによって樹脂が分泌され、その樹脂が凝固した部分を指すのである。
香りを発するのは、この樹脂が蓄積された部分に限られるのだ。


ただ、この樹脂が蓄積された部分も、そのままでは芳香を発することはない。
樹脂とはつまり脂であるため、熱を加えることではじめて香りを放つのである。
「材そのものに芳香を有する木」という定義に合わないのではないかとか、何とまあややこしい香木なんだと思ったりもするが、香りが良いということで昔から珍重されている。
常温では本来の香りを発しないため、白檀のような用い方はせず、もっぱら焼香用として使用する。
たまに沈香で作られた数珠などを目にするが、熱を加えない以上は本来の香りを発しないため、あれはまったく宝の持ち腐れなのではないかとつい思ってしまったりもする。


③ 伽羅

沈香のなかで最上の品を指す。ゆえに、基本的には沈香と同じ木である。
沈香との違いは、その格別な芳香。
香気や油質の違いによって驚くほどの香りを放つのである。
人為的に生産することが不可能であるため、現在では産出量がとても少なく、一層貴重となっている。


伽羅は、古来より金と同等の価値とされてきた。
現在では1gで数万円という目の玉が飛び出るような価格となっており、沈香の10倍以上の値がついている。
金の値段が1gで4000~5000円であることを考慮すると、もはや金と同等などではなく、はるかに金を凌ぐ値がついている。


伽羅の香り

それほどまでに値の張る伽羅の香りとはいかなるものなのか。
これには多くの方が大変興味を持つのではないかと推察される。
だが不思議なことに、伽羅の具体的な香りについてはあまり言葉で表現されたものがない。
「幽玄」とか「深遠」とか「重層的」といういかにも抽象的な言葉でぼやかされることが多く、あとは漠然と「甘い」とされる場合がほとんどなのである。
香りというものが言語化しにくいのは十分承知しているが、それでももう少し具体的な記述はないものか。


そんなことを思っていた矢先、偶然にも伽羅の香りを嗅ぐ機会を得た。
もちろん買ったわけではない。
香木の専門店の方と会った際に、伽羅の香りを試しに嗅がせてくれたのである。
スーパーでよくウインナーなどの一口試食をやっているが、あれの香木バージョンだ。
試香、という言葉は存在しないかもしれないが、強いていうなら試香である。


1cm角ほどの四角い塊の伽羅を、専用の機械の上にのせ、熱であぶる。
すると途端に、ゆらりゆらりと香煙がのぼる。
その香煙を手で自分の鼻に引き寄せるようにして嗅ぐ。
おお……おおっ!?
以下、例えとしては叱られそうだが、一例として(あくまでも一例として)伽羅の香りを言語化してみる。


まず、肉を焼くような濃厚な香りが鼻の奥に届く。(叱られそうとはこの例え)
脂に香りがあるというのは非常に納得で、たしかに脂に熱を加えたような香りがするのである(少なくとも私にはそう感じられた)。
そしてその後に、いわゆる香を焚いた時の芳香がついてくる。
さらにその後に、若干甘い感じのする香りが鼻孔をくすぐる。
私の場合、その3段階で伽羅の香りを感じた。
なるほど。これが、あの名高い伽羅の香りかと。


ちなみに、「おおっ!?」というのは、不覚にも「肉か!?」と一瞬思ってしまった時の驚きを表している。
本当に驚いたのだ。木から脂のような濃厚な香りがしたのだから。
少なくとも、伽羅は爽やかな香りではなかった。
沈香の沈み方がゆらゆらと沈む感じだとすれば、伽羅の沈み方は鉄が一直線に沈み込んでいくかのごとくに感じられるほど濃厚なものである。


ただ、注意していただきたいことが1つある。
それは、通常の炭の上に伽羅なり沈香なりを直接置くと、熱すぎて本来のよい香りにならないということだ。
焼香用の炭に火をつけると、だいたい300℃ほどになると言われている。しかしこの温度は伽羅を焚く適正温度としては熱すぎる。
そのため、炭の上に薄いガラスを一枚敷いて、ガラスをはさむことでわざと温度を下げて、適正温度で焚いたほうが香りがよくなる。
熱すぎると、極端にいえば焦げたような香りとなってしまうのである。
そこでガラスをはさむことで温度を200℃以下に下げ、いわゆる弱火でジワジワと炙ることで本来の香りが立ちこめるというわけだ


もし伽羅を手に入れたときは、せっかくなので温度にも気を付けてその香りを楽しんでいただきたい。
どんなに良い食材を手に入れても調理の腕次第で味が大きく変わるように、たとえ伽羅を手に入れても適切な火加減を保つことができなければ本来の香りは生まれない
伽羅とはそんな手のかかるお香であることも知っておいていただきたい。