禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

葛根湯の効果を最大限まで高めるという驚きの飲み方

【スポンサーリンク】


葛根湯の効果を最大限まで高めるという驚きの飲み方

うちには置き薬がある。
お寺という、人が集まる場所という性格も相まって、数社の置き薬がある。
そのため、月に1回はどこかの製薬会社の担当者が訪ねてくる。
箱の中をチェックし、使ったものがあればその分の代金を払い、補充をしてもらう。
ただ、あまり使用頻度は高くないので、何も使っていない場合も多い。
「今回は使用ゼロですね。期限の過ぎたものだけ取り替えておきます」
そう言われると、ちょっと申し訳ない気持ちになる。


つい先日も、その中の1社の方が来訪された。
置き薬の箱を開け、使用されたものがないことを確かめ、服用期限の過ぎているものを取り替える。
せっかく足を運んでいただいたにも関わらず、成果なし。
やはり申し訳ない思いに駆られ、しかもその時たまたま風邪を引いていたものだから、置き薬箱の中からとっさに葛根湯を取り出し、
「これは今から使うので補充を」
と、お願いした。


すると、その方は「フフフっ」と不敵な笑みを浮かべ、意味ありげな言葉を口にした。
葛根湯の効果を最大限にまで高める飲み方、ご存じですか?」
「い、いえ、知りませんが」
「ポイントがあるんですよ。4つ」
そう言いながら、その人は指を4本立てた。

葛根湯の飲み方のポイント

「1つ目はですね、今すぐ飲むことなんです」

「今すぐですか?」
「もう、私が帰ったらすぐに飲んでいただきたいです。なんなら、本当に今飲んできていただいてもかまいません」
さすがにお帰りいただいてからでいいと申し上げたが、なぜ今すぐなのか。
「葛根湯は、基本的に風邪の初期に服用するものなんです。悪化してから飲んでも効果はあまりありません。特に、汗をかくような熱が出ているときには全く効果がありません。あくまでも、初期です。だから、初期症状があらわれたらすぐ飲む。早ければ早いほどいいんです
それが、今すぐ飲む理由らしい。
なるほど。

「2つ目はですね、温めて飲むことなんです」

彼は続けた。
「葛根湯って、葛の根のって書きますよね? にすることが大事なんです。水じゃあ効果半減なんです」
「たしかに湯って書いてありますね。で、どうやって温めればいいんですか?」
「お湯で割ってもらうのが一番楽です。コップに葛根湯を入れて、そこにポットのお湯を注ぐだけでOKです」
なるほど、それなら手間でもないので実行に移せそうである。
言われるまで気にもとめなかったが、葛根湯という名前は、確かに葛根の「湯」と書いてある。
まさか、そこに意味があったとは……。

「3つ目はですね、5時間くらいの間に3本飲むことなんです」

「本当ですか!?」
「これもポイントなんですよ。1本飲んだら、1~2時間空けて、2本目を飲む。そしたらまた1~2時間空けて、3本目を飲む。ぜひ一度こうやって飲んでみてください。メチャクチャ効きますから」
「でも、そんなふうに飲むって書いてなくないですか?」
正直、このポイントに関しては信じ難いと思い、箱の裏を見ると、用量は1日に3本とある。
食間に服用と書いてあるのみで、5時間で3本だなどとは書いていない。
「ええ、書いてはありませんよ。我々だけが知っている裏技みたいなものです」
裏技か……。
製薬会社の人、おそるべし。

「4つ目はですね、葛根湯に関係ないんですけど、もう一枚上着を着たほうがいいですね」

葛根湯関係ないんかい!
「風邪でも何でもそうなんですけどね、体を冷やすのが一番いけないんですよ。冷えは万病のもとって言うでしょう。反対に、体を温めると、免疫力が高まるんです。もちろん、一番いいのは蒲団に入って横になってることなんですけど、そんなわけにもいかない場合も多いですからね。服を一枚多く着るだけで、断然治りが早いですよ」
なるほど、確かにそうかもしれない。
……葛根湯関係ないけど。

【スポンサーリンク】



伝授された方法を試した結果

「それじゃあこれで失礼します。4つのポイント、覚えました?

  • 今すぐ飲む
  • 温めて飲む
  • 5時間以内に3本飲む
  • 服を着る

の4つですよ。風邪の初期だったら、この方法で半日もあれば治ります。それじゃあまたよろしくお願いいたします。」
製薬会社の人は、そう言い残して去っていった。


半日で治る。
なかなか強気の時間設定。
試さない理由がないではないか!
ということで言われたとおりに試した結果……
なんと、1/4日でほぼ治ったものだから驚いた
夕方の5時に1本目を飲み、8時に3本目を飲んだのだが、11時を回る頃には症状がかなり軽くなっていた。
鼻水と咳がメインであったが、どちらもあまり気にならない。


これなら半日後には、つまり翌朝起きたころにはきれいに治っているのではないか。
あの人の話は本当だったんだ……と思いながら眠りに就き、翌朝目覚めてみたら……。
あまり変わっていない。
微妙に残っている感じ。
ただ、その後悪化することはなく、熱が出ることもなく、その日の夜くらいには完治といってもいい状態にまで回復した。
これが伝授された葛根湯の飲み方による効果だったのかはわからない。
もともと軽い風邪だったのかもしれないし、葛根湯を飲まなくても治っていたかもしれない。
結局「治るものは治り、治らないものは治らない」という医術の格言に集約されるのかもしれないが、個人的にはそれなりに効果があったように思う。
謎に包まれてしまった答えを探るため、再び風邪を引いたら、もう一度この方法を試してみたいと思っている。