禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

「護美箱」って……そういう漢字だったの!? いえ、当て字です。

【スポンサーリンク】


「護美箱」って……そういう漢字だったの!? いえ、当て字です。

永平寺で雲水として修行をしていた折、廊下を歩いている時などに、たまに参拝者の方から質問を受けることがあった。
タイトルの文字についてである。
永平寺の廊下には「護美箱」と墨書された箱が、ところどころ横の壁に掛けられているのだ。


「すみません、これってやっぱり、ごみ箱のことなんですか?」
「ええ、そうですよ」
「ごみ箱って、こういう漢字だったんですね」
「いえいえ、当て字です。でも『護美箱』としておくと、だいぶ意味合いが変わって面白いですよね」
参拝者とのそんなやりとりが何度かあった。


当て字でなく、「ごみ」という字に正しく漢字を当てるなら、「芥(あくた)」や「塵(ちり)」になるという。
ただしどちらも「ごみ」と発音して読むことはない。
意味として適するものだから「ごみ」の語に選ばれているということか。
「芥箱」と書いて「ごみばこ」と読む。
あるいは「塵箱」と書いて「ごみばこ」と読む。
まあ、意味としては確かに通じるところもあるが、慣れないせいかとても読みにくい。
というか読めない。
「芥箱」を何と読むか? と人に問うても、おそらく「ごみばこ」という回答はほとんど聞けないだろう。
圧倒的に「あくたばこ」が返ってくると思われる。


ごみ箱の兄弟に、「屑かご」というのがいる。
それから「屑入れ」という兄弟もいる。
2つとも実際に使われている言葉である。
「屑箱」という言葉はあまり聞かないが、それはないのだろうか。
「芥箱」や「塵箱」よりも、むしろ「屑箱」のほうがよりわかりやすい気がするのだが。


もっとも、実際に使われているというのなら、「塵取り」も実際に使われている言葉だ。
ごみ箱の従兄弟のような関係になるだろか。
掃除機が普及した現代においては、その姿を目にするのは学校の掃除時間くらいとなってしまった感があるが、それでも塵取りは現に生きている言葉である。


そのようないくつもの「ごみばこ」の漢字候補がありながら、永平寺に設置された箱には「護美箱」の文字が選ばれた
それも永平寺に限らず、日本の観光地ではけっこうこの「護美箱」という当て字を使っているところも多いらしい。
特にお寺で多いとか。

【スポンサーリンク】



「護美箱」は正しい字ではない。当て字である。言葉遊びである。
それでもこの文字が選ばれた。
選ばれるだけの理由が、確かにこの言葉にはある。
「屑入れ」「屑かご」「ごみ箱」では表現できないものを、見事に伝えることに成功している。
つまりこれは「ごみ」を捨てる箱なのではなく、「美しさを護る」箱なのだ。
何を入れるかではなく、何のためにあるのか
どこに主眼を置くかで、これほどまでに意味合いが変化する点が面白い。
そして、この当て字は禅の思想に通じるところがある。


禅では、存在に固定的な価値は存在しないと考える。
この社会に存在する価値とは、それを価値と見る人の目によって上がったり下がったりするものであり、不確かなものだ。
空き缶はゴミだといって捨てられるが、アルミという資源なのだと捉える視点から見れば宝である。
じゃあ一体、空き缶はゴミなのか、宝なのか。


本当は、どちらでもない。
それを価値と見るのも無価値と見るのも、どちらも人の目に映る価値観であって、空き缶そのものをみてはいない。
空き缶に付属するものを見ているのであって、それは空き缶ではない。
つまり、それが自分にとって無用なものか有用なものか。
人が下す価値の判断は、詰まるところそれである。
自分にとって、価値があるか、価値がないか
それによって、「物」はごみにもなり宝にもなる。


そのような判断は、そのもの自体を見てはいない。
空き缶は、空き缶であって、ごみでも宝でもない。
「価値」という視点でみれば、空き缶は価値か無価値かのどちらかに振り分けられてしまうが、そもそも価値という視点で物事を眺めること自体がつまらないのだ。
存在は、価値か無価値かで振り分けられてしまうものなのか。
もっと面白い、存在そのものを見抜く視点で世の中を見れば、存在は驚くほど自由に堂々と自分の在り方を全うして存在していることを知ることができるというのに。


空き缶は空き缶であって、パンの袋はパンの袋であって、「ごみ」ではない。
この箱は、存在しない「ごみ」を入れるではなく、美しさを護るための箱である
ゆえに「護美箱」という。
本当にそんな理屈で設置したのかは知らないが、これを「ごみ箱」とせずに当て字でしかない「護美箱」と墨書して設置した人の決断力と、「護美箱」という当て字を思いついた人の発想力を、私はちょっと尊敬している。