読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅の視点 - life -

幸福とは? 自分とは? 自由とは? 人生とは? 心を満たす入口探し、禅エッセイ

【禅語】 百尺竿頭に一歩を進む - ゴールは新しいスタート -

【スポンサーリンク】


【禅語】百尺竿頭に一歩を進む(ひゃくしゃくかんとうにいっぽをすすむ)

長い長い竿(さお)のてっぺん。
もうこれ以上先がないというところまで上り詰めた。
自分が一番だ。わっはっは。
そんな時は驕るのではなく、「百尺竿頭に一歩を進む」。


百尺竿頭とは、30メートルもある長い竿の先端のこと。
転じて、修行を極めた境地を指す。
その先端に到って、さらに一歩を進んでみなさいというのが、この禅語の説くところ。
足場がないからこれ以上先へは進めない。
進んだら、真っ逆さまに落ちてしまう。
それなのにこの禅語は、これ以上進むことができないというところに到って、さらに一歩進んでみなさいと、人を試してくる。
そんな無茶な……。
竿の先まで上り詰めたとき、そこでどんな一歩を踏み出すのか。
この無茶な禅語にどうやって答えるか。
ここからが本当の見物である。


走り続けてきたマラソン人生。
引退を賭けた最後のオリンピックの舞台で、ついに悲願の金メダルを摑んだ。
これまでの血の滲むような努力が報われた。
これ以上の喜びはない。
もうこれ以上求めるものはない。
でも、ゴールしたその足を一歩踏み出せば、また新しい一歩がはじまる
その一歩をどこに向けるのか。
焦点はそこである。

【スポンサーリンク】


たとえば、今まで上ってきた道を、今度は反対に下りていってみるのはどうか。
後輩の指導にあたり、自分が知り得たことを伝えるのも一歩である。
もしくは竿の先で、上がってくる途中に経験したものを反芻してみるのもいい。
一度ゆっくりと振り返って、静かに思惟するのも一歩
あるいは近くの竿に飛び移ってみるのだって悪くない。
飛び移ったその竿をまた上ってみるのも新しい一歩


別に、一歩に正解があるわけではないのだ。
自分なりの一歩を踏み出せば、それでいいのである。
ゴールしたのだと錯覚し、その場にとどまってさえしまわなければ。


人が正しく成長している時というのは、自分はまだまだだと思えている時
上って上って上り詰めた。
もうこれ以上先はないと思ってしまった時が、成長のとまる時。


上ばかり見ていては見えないものが、世の中にはたくさんある。
だからゴールはチェックポイントのようなもの。
一つの区切り。
終わって、また新しい次がはじまる。


人にとって時に難題ともなるこの問いも、テントウムシには愚問なのかもしれない。
てっぺんだとか、おしまいだとか、テントウムシならそんなことを考えるまでもなく、あっさりと飛び立ってみせるだろうから。